DSLR

iPad Proと写真撮影

デジカメプラスに、iPad Proと写真撮影に関するレビューが掲載されていました。

プロフェッショナルフォトグラファーの要求をも満たす「iPad Pro」 (1/2) – ITmedia デジカメプラス

特に気になったのは、iPad Proを取り入れたワークフローですね。

「RAW+JPEG」の撮影データをLightning – SDカードカメラリーダーとEyefiカードでiPad Proに転送。そして写真アプリで被写体と構図、露出およびフォーカスのチェックをし、OKのカットはそのままiPad Proに残すのと同時にクラウドのDropbox上に保存。それ以外の撮影データはSDカード内だけに残して、iPad Pro上のものは消去している。OKカットは上記で紹介したアプリなどでイメージに近づけて加工し、同行している広告代理店のプロデューサーとディレクターにその場で確認してもらっている。

プロフェッショナルフォトグラファーの要求をも満たす「iPad Pro」 (1/2) – ITmedia デジカメプラス

こういった撮影データの取り回しは、個々人のノウハウという性格が強く、なかなか体系立てて紹介される機会がないので、参考になります。最近のワークフローでは、クラウドサービスとの連携や使い分けがポイントですね。私はLightroomをメインに使っていますが、Lightroom mobileからコレクションを作成して、カメラロールから読み込み、クラウドへアップロードすることができるようになっています。Lightning-SDカードカメラリーダーを購入して、試しにワークフローを組んでみてもいいかな、と思える記事でした。

しかし、ペンで写真レタッチは使いやすそうですね。VAIO Z Canvasが欲しくなって困ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です