AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED

和歌山マリーナシティ

D7100の初撮りに、和歌山マリーナシティへ行ってきました。

和歌山マリーナシティ

テーマパークのポルトヨーロッパや、生マグロの解体ショーが見られる黒潮市場などがある、リゾートエリアです。マリーナの名の通り、ヨットやセーリング、それにボートを係留できるマリーナもあり、本格的なマリンリゾートも楽しめます。

今回は、マリーナシティエリアの西端にある遊歩道に行ってきました。

和歌山県朝日夕陽百選

遊歩道は西向きのため、夕日が見られます。和歌山県の朝日夕陽百選にも選ばれています。これがその証ですね。

手すり

手すり越しに見える海面のキラキラが綺麗でした。

レジャーボート

レジャーボートが係留されています。このボート以外にも、港を出入りするボートが何台もありました。この日は晴れていましたし、絶好のレジャー日よりでしたね。

謎のイルカ

謎のイルカです。頭の赤いパーツは太陽電池です。夜になると、頭上のランプが光るのでしょう。光っているところを見てみたいような。夕日を撮影するついでに見てみようかな。

D7100は、高画素化とローパスレス化でD7000よりもくっきり撮影できているように感じます。ただ、レンズがD90時代から使っている18-200なので、甘い描写が目につくこともあります。レンズを選ぶ、という評判も頷けます。レンズ沼への入り口にまた一つ近づいた感じです。恐ろしや。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です