AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gを使ってみた

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

ニコン純正の大口径標準単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」を使う機会がありました。「AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G」は、点像再現性、つまり点を点として写し取ることにこだわって設計されたレンズです。

高い点像再現性と美しいボケ味で空間を独創的に描写する、大口径標準単焦点レンズです。夜景撮影では、開放絞りで画像周辺部の点光源までも「点」に描写し、人物や静物の撮影では、被写体の佇まいを魅力的に描きます。相反する特性が写真表現の楽しさを拡げます。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G – 概要 | レンズ | ニコンイメージング

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

前玉が、ずいぶん奥まった位置にあるのが特徴的な外観です。ナノクリスタルコートの証、金色のラインが美しい。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

重量が約385gと、単焦点レンズらしい軽さです。全長も70mmと、大変コンパクト。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

D810に装着してみました。これなら気軽に持ち出せそうですね。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

D810の高画素センサーを活かしきった、高精細な描写が楽しめる組み合わせです。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

マウントアダプター経由で、α7R IIに装着してみました。小型軽量の単焦点レンズとはいえ、α7に比べるとサイズ感が目立ちます。重量のバランスがとれているので、取り回しに困ることはなさそうです。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

うーん、いかにもよく写りそう。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

実写レビューは別途。

スポンサーリンク

フォローする