Camera Accessory

NextorageのCFexpress Type Aカード

NextorageのCFexpressメモリーカードを購入しました。

Nextorage メモリーカード

Nextorageはソニーのストレージ部門が独立したストレージメーカーで、フラッシュメモリーを主力としています。フラッシュメモリーということで、デジタルカメラで利用する各種メモリーカードも豊富にラインナップされています。これまで私はSanDiskのSDカードをカメラ用に買うことが多かったのですが、Nextorage製品のお値段が手頃で評判もよさそうだったので、試してみることにしました。

NextorageはもちろんSDカードも豊富に揃えていますが、今回は新規格のCFexpressを試してみました。CFexpressはSDカードよりも高速なメモリーカードの規格で、SD UHS-IIが300MB/sのところ、CFexpressでは1000MB/s以上と3倍を超える性能が実現可能です。最近のデジタルカメラは高画素だったり高速連写だったりでメモリーカードに高い性能を求めるので、より高速な規格が必要となり、CFexpressが次の主流になりつつある、というわけです。

手持ちのカメラではα7R VがCFexpressに対応しています。CFexpressにはType AとType Bの2種類があって、αシリーズにはType Aが採用されています。Type AはType Bに比べて少々割高ですが容量単価はUHS-II SDカードと大差はなく、それでいて高速アクセスの恩恵が受けられます。高画素機であるα7R Vはファイルサイズが大きくなりがちで高速アクセスの恩恵は大きそうなので、CFexpressを試してみることにしました。

Nextorageのメモリーカードは、だいたいの製品で性能重視のProとコストパフォーマンス重視のSEの2種類がラインナップされています。CFexpress Type AにもProとSEがあります。今回はProとSEの両方を1枚ずつ買ってみました。

Nextorage / CFexpress Type A メモリーカード NX-A1PRO 160G

A1 ProはCFexpress Type Aに対応して、最大転送速度950MB/s(読み書き)、最低継続書き込み速度850MB/sの高性能を誇ります。α7Rよりも、α9 IIIのような高速連写機に使いたいカードです。

大きさはSDカードよりも一回り小型です。紛失しないよう注意が必要なくらい。

こちらは大容量のA1 SEです。最大転送速度は読み書きともに950MB/sでProと同じですが、最低継続書き込み速度が400MB/sである点がProとの差異です。

容量のラインナップは480GB、960GB、1920GBとかなりの大容量です。これだけの容量になると、CFexpressの高速転送が活きてくると思います。α7R Vは6100万画素で、RAWで撮影するとあっというまに10GB単位で画像ファイルが生まれますが、連写速度は大したことがないのでA1 ProよりもA1 SEの方がピッタリです。

Α7R Vに取り付けて認識されることを確認したのみで、本格的な利用はこれから。さすがに480GBの大容量になると圧縮RAWで5000枚くらいの撮影可能枚数になって、ほぼ上限なしの感覚です。写真の選別と保管は大変なことになりそうですけど。

利用してみてよさそうなら、買い足しも考えようと思います。NextorageのSDカードも試してみようかな。

Nextorage / CFexpress Type A メモリーカード NX-A1PRO 160G

Nextorage / CFexpress Type A メモリーカード NX-A1PRO 160G

29,800円(07/15 19:57時点)
Amazonの情報を掲載しています
Nextorage / CFexpress Type A メモリーカード NX-A1SE 480GB

Nextorage / CFexpress Type A メモリーカード NX-A1SE 480GB

25,800円(07/15 19:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください