Camera Accessory

α7 III用のバッテリーチャージャー「BC-QZ1」とバッテリー「NP-FZ100」購入

α7 III用の充電器と予備バッテリーを購入しました。

ソニーのフルサイズセンサー搭載ミラーレスカメラの第三世代ベーシックモデルであるα7 III、発売日に購入して以来愛用しています。ベーシックとは思えない上位モデル譲りの性能が魅力です。

これからのフルサイズミラーレス新基準モデル「α7 III」購入35mmフルサイズのセンサーを搭載したデジタル一眼カメラ「α7 III」を購入しました。ミラーレス時代の新基準を名乗る、ソニーの意欲作で...

ただしベーシックモデルらしいところもあって、単体の充電器が別売りなんですよね。世代を問わず、上位モデルたるRやSには充電器が付属しています。α7 IIIはUSB充電にも対応しているため本体のみでも充電できるのですが、USBコネクタカバーの構造上、カバーを開くと底部からはみ出すため、充電中に本体を正立させられません。ちょっとしたことですがストレスになっていたことと、本体のみだと充電速度もいまひとつなので、充電器を購入したわけです。

充電器と合わせて予備バッテリーも購入しました。撮影枚数が増えたとはいえ、充電中の予備が必要になることもありますからね。

SONY / BC-QZ1

こちらが単体の充電器「BC-QZ1」です。α7R IIIで付属品として同梱されているものと同一製品です。これだけ買うと結構高いんですよね。

ACケーブルと本体のみのシンプルな構成です。BC-QZ1はコンセントがケーブル方式なんですね。以前の充電器は折りたたみ式のプラグでコンパクトでした。旅行などで持ち出すときに荷物が増えるので、ちょっと残念です。

バッテリー接続部の他は、充電状況を3段階で表示するLEDがあるだけです。

ACケーブルの接続部が上部にあります。標準的なメガネ型コネクタですから、サードパーティー製の短いケーブルを使えば、持ち歩きに便利かも。もっとも、出先では本体のUSB充電を使うという手もあります。

ソニー SONY リチャージャブルバッテリーパック NP-FZ100

続いて予備バッテリーのNP-FZ100です。パッケージはブリスターパックです。これ、開けるのが難しいんですよね。開封にはハサミを使いました。

本体に付属していたバッテリーと全く同じです。当然ですね。InfoLITHIUMも現在ではすでに当たり前ですね。

本体でUSB充電ができるとはいえ、単体の充電器があると便利です。外で撮影している間に部屋で予備バッテリーを充電できますし、本体のUSB充電とあわせて二つのバッテリーを同時に充電できます。α7 IIIを使った写真撮影がさらに捗りそうです。

ソニー SONY バッテリーチャージャー BC-QZ1

ソニー SONY バッテリーチャージャー BC-QZ1

7,945円(03/23 00:43時点)
Amazonの情報を掲載しています
ソニー SONY リチャージャブルバッテリーパック NP-FZ100

ソニー SONY リチャージャブルバッテリーパック NP-FZ100

8,262円(03/23 00:43時点)
Amazonの情報を掲載しています
ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

211,720円(03/23 00:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です