誰も作らなかったカメラ

ソニーからティザー広告が出ていた「誰も作らなかったカメラ」が発表されました。

α7R・α7 イントロダクション | ソニー

35mmフルサイズセンサーを搭載した一眼カメラの2機種です。α7Rは高画素ローパスレス、α7は一般的な画素密度でローパスありと、センサーが大きな違いです。

お値段はイイ値段がしますが、撮影サンプルを見ると、思わず納得してしまいますね。

レンズの当初ラインナップは、F4通しの標準ズームと望遠ズーム、35mmと55mmの単焦点、それにF3.5-5.6の標準ズームです。35mmでいいならRX1を買えばいいわけで、気になるのはF4通しのズームレンズですね。2014年以降もラインナップを拡充しますよ、と宣言しているので、期待してもいいのかな。APS-CのEマウントレンズは、宣言通りそれなりに拡充させてきてますし、はしごを外されたりはしないかも。

レフ有りのデジタル一眼を買うならD610かな、と考えていましたが、α7も魅力的です。さすがに実機を触らずに購入するには躊躇するお値段なので、実機でオートフォーカスやEVFの見え方、それに出てくる画を見て考えようと思います。

スポンサーリンク

フォローする