和歌山城西の丸庭園

購入したカメラの撮り下ろしを兼ねて、和歌山城に紅葉を撮影に行きました。購入したカメラの紹介は、別途ということで。

和歌山城西の丸庭園(紅葉渓庭園)

西の丸庭園は、紀州徳川家初代藩主頼宣が築造したと言われており、昭和45年度から3年をかけて復元されました。別名紅葉渓庭園とも呼ばれていて、文字通り美しい紅葉を楽しめます。

和歌山城西の丸庭園(紅葉渓庭園)

池があり、起伏がありで、散策しても写真撮影しても楽しめます。

和歌山城西の丸庭園(紅葉渓庭園)

庭園の紅葉は今がピークでした。いい時期に撮影に来られてラッキーですね。

和歌山城西の丸庭園(紅葉渓庭園)

紅葉だけでなく、年代物の切り株もありました。

和歌山城西の丸庭園(紅葉渓庭園)

力強い大木と紅葉のコントラストが美しい。

和歌山城西の丸庭園(紅葉渓庭園)

緑と黄色のコントラストも鮮やかですね。

和歌山城西の丸庭園(紅葉渓庭園)

まさに一面真っ赤です。

和歌山城西の丸庭園(紅葉渓庭園)

庭園内の池には、お堂があります。残念ながら立ち入りは禁止ですが、絶好のアクセントになっていて、たくさんの人がカメラを向けていました。

石垣

和歌山城の石垣です。秀吉の紀州統一後、弟の秀長に命じて築城させた、とのことです。立派な石垣ですね。

松と青空

場内は、庭園以外にも緑が多く、散策を楽しむ人や、写真撮影にいそしむ人でいっぱいです。豊かな自然が見せる四季折々の姿を、心の赴くままに写し取るのは、大変楽しそうです。よく考えて撮影すれば、写真術の上達も早そうですね。精進精進。

大銀杏

銀杏も今が見頃ですね。

銀杏と木洩れ日

まさに金色といったところです。

身近な被写体が見せる様々な表情と、とことんまで向き合って、魅力的な一瞬を切り取れるようになりたいものです。やはり精進精進、ですね。

スポンサーリンク

フォローする