α本体ソフトウェア更新

αの本体ソフトウェアアップデートを適用しました。うちのMacだとカメラの認識でつまづいたので、その辺のWindowsマシンを持ち出して更新しました。PlayMemories Camera Appsもそうなのですが、Macでの不安定さは何とかならないものか。

それはそれとして、今回の更新は軽微な内容ということだったのですが、電源を入れた際の待ち時間が短くなりました。更新前は、電源を入れた直後に30秒以上操作できない時間があったりと、ストレスを感じることもありました。特にバッテリー交換直後が顕著でしたね。それが更新後は待たされることが少なくなりました。こういう細かい使い勝手は大切なので、今後もこういうソフトウェアアップデートを期待したいですね。

スポンサーリンク

フォローする