Light Novel

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第1巻

ヘスティア様の紐ギミックが話題のアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」が面白かったので、原作小説を購入してみました。Kindle版が250円だったので、買いやすかったのも背中を押してくれました。

アニメは現在第2話まで放映されてますが、原作小説だと1巻の2/3くらいですね。登場人物の内心や行動が丁寧に描かれていて、アニメを見た後でも楽しめました。モンスターの名前がシルバーバックだとか、投げつけていたのは街灯の魔法石なんだとか、アニメでは分からなかったことが描写されているのがいいですね。

主人公の成長ぶりが、ステータス変化の数値で描写されるのがちょっと違和感ありますが、最近のRPGものは皆こんな描写みたいなので、じきに慣れるでしょう。6巻まで刊行されていて、7巻が近日発売なので、しばらく楽しめそうです。アニメから入って原作、そしてコミックスと、メディアミックス戦略に踊らされている感はありますが、楽しいからいいや。神様ラブリー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です