DSLR

裏面照射型35mmフルサイズセンサー搭載「α7 R II」発表

ILCE-7RM2

海外で先行して発表されていた「α7R II」(ILCE-7RM2)が、国内でも正式発表になりました。

35mmフルサイズ ミラーレス一眼カメラ『α7R II』を発売 | プレスリリース | ソニー
ソニー「α7R II」国内正式発表 ファーストインプレッション – デジカメ Watch

ローパスフィルターレスで高解像度を誇ったα7Rから、センサーや機構を一新した全く新しいカメラに仕上がっています。裏面照射型の4240万画素高解像度センサーや、ボディ内手ブレ補正、399点像面位相差センサーによるファストハイブリッドAFや、画素加算なしの全画素読み出しによる4K動画など、全方位に隙がないハイスペックぶりです。

個人的には、電子先幕シャッターとサイレントシャッターの採用が嬉しいですね。シャッターユニットも改良されて、低振動で高耐久になっているそうですし、ますます期待できそうです。

お値段はさすがの40万円越えと、気軽に手が出ませんが、心の底から欲しいですね。同じようなコンセプトで、α7S IIやα7 IIIが出たり、APS-Cでもボディ内手ブレ補正や裏面照射型センサーが採用されたりが期待できるので、もうしばらく待つかなぁ、資金不足だし、というのが正直な感想です。

40万円あったら、ボディよりもレンズに投資する方が長く楽しめるとは思いつつ、このスペックにはドキドキしてしまいますね。発売は8/7なので、あと1ヶ月くらい、あれこれ悩むとしましょう。悩んでいる間が、一番楽しいですし。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です