Nikon AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED

Nikon | ニュース | 報道資料:開放F値1.8、焦点距離35mm、ニコンFXフォーマット対応の広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED」を発売

ニコン、FX用広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 35mm F1.8 G ED」 – デジカメ Watch

20140109a

ニコンからいくつかの新製品が発表されました。個人的に気になったのが、FXフォーマット用の35mm単焦点レンズ、AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDです。

ニコンの単焦点レンズは、ナノクリスタルコートを採用した高級路線と、F1.8と控えめな明るさで小型軽量安価な路線があります。今回発表されたのは、後者の小型軽量安価な路線で穴の開いていた35mm単焦点になります。

ニコンのF1.8単焦点は、お値段の割に良い描写で小型軽量と、気軽に持ち出して使うのにぴったりなレンズばかりです。FXフォーマットのボディを買ったら、単焦点はF1.8シリーズで揃えようと思っていたのですが、35mmは存在しなかったのでシグマの35mm/F1.4にしようかな、と考えていました。今回、めでたく35mm/F1.8が発表されたので、F1.8で揃えられそうです。その前にボディを買う算段をしろよ、という話はありますけどね。

同じ焦点距離でAPS-C専用のAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gと比べても、2cm長くて100g重いだけなので、価格の違いが受け入れられるなら、FXフォーマットでも使えるこっちのレンズを買うのもアリですね。

私も実はDX 35mmを持っているので、FXフォーマットのボディが無くても、手放してこっちを買おうかな。APS-Cでコンパクトな35mmなら、NEXを使えばいいわけですしね。

魅力的な商品が多くて嬉しい悲鳴を上げる今日この頃です。もう少し悩んでみることにします。

スポンサーリンク

フォローする