DSLR

ナノクリスタルコート搭載の軽量高画質標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」発表

AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

ニコンから、DXフォーマット専用の軽量高画質標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR」が発表されました。7/16に発売予定です。

35mm換算で24mm-120mmをカバーして、広角端の開放F値が2.8と明るいズームレンズです。ナノクリスタルコートや手ブレ補正を備え、480gと軽量で、全長も85.5mmとコンパクトです。

絞りは7枚羽根で、9枚でないのが残念です。点光源の作例がないので何とも言えませんが、公式のサンプル3を見る限り、ボケは素直そうで期待できます。なお、電磁絞りのEレンズですね。同時に発表された超望遠単焦点レンズもEレンズでしたから、これからのニッコールレンズは電磁絞りが主流になっていくのかもしれません。

先代の16-85mmと比べると、軽量コンパクトで明るくナノクリスタルコート付きと、かなりのスペックアップの割にお値段はさほど高くなっておらず、魅力的なレンズです。D5500あたりと組み合わせて、軽快に写真撮影ができそうですね。

私は、手持ちのEマウントレンズ「Carl Zeiss Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS」があるので、急いで手を出す必要はなさそうです。開放F値やズームレンジはうらやましいものの、ボディとあわせたトータルのサイズだとEマウントに軍配が上がります。ニコンFマウントはFXフォーマット重視でいくと決めていますし、購入は見送りですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です