DSLR

旅とレンズの関係

ニコンのウェブサイトを見ていたら、面白い企画を見つけました。

撮るタビ、発見。タビビトレンズ

好奇心をガイドに、 カメラと一緒に旅に出よう。

撮るタビ、発見。タビビトレンズ

というキャッチフレーズで、ニコンとJALが組んだ企画のようです。旅行に行く時は、レンズとボディの選択に悩みますよね。フルラインナップでそろえれば、あらゆる被写体に対応できますが、その分重量とサイズがかさみます。撮影旅行ではない通常の旅行ですし、ましてや家族がいるならなおさら。そんなときに、旅程と実写があれば参考になりますよね。

と思ってサイトをよく見ると、「本映像作品はD810で撮影しました」って、もしかして旅カメラとして紹介されている機材は使ってないんでしょうか。コンテンツ内では、紹介されている機材で撮影したような説明があるものもあるので、いわゆる誤解を招く表現、なのかも。

なんにせよ、旅程や見所も要点を押さえていて、思わず旅に出たくなる魅力があふれるコンテンツでした。あー、旅行行って写真撮影にのめり込みたい!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です