ichigan

α1

ソニーのフルサイズミラーレスカメラαシリーズから、新機種「α1」が発表されました。

ソニー、秒間30コマ連写・約5,010万画素のフラッグシップ機「α1」。税込90万円 - デジカメ Watch

見慣れたα7/α7シリーズの外観に、α9シリーズの連写、α7Rシリーズの高画素・高解像、α7Sシリーズの高感度・ワイドダイナミックレンジを詰め込んだモンスターマシンです。少し前からティザーページで予告されていた「The one never seen」の売り文句に負けない全部入りスペックです。

アニメやコミックで登場する全部入りマシンは、スペックは優れているものの一点特化したマシンに個々の性能で劣ったり、全部入りであるがゆえのスペック間競合で性能が発揮できずに主人公機にやられるのがお約束(笑)ですが、このα1はこれまでのαシリーズで培ったノウハウでまとめられているでしょうから、そんな心配とは無縁そうです。

有効画素数5100万画素の35mmフルサイズセンサー、秒間30コマでブラックアウトフリーの連写、対応レンズではAF追随で秒間30コマの連写が可能、常用ISO感度は100-32000と、見れば見るほどすごいスペックです。動画では8K 30pにも対応して、全方位にわたってスキがありません。

点灯予想価格が90万円前後と、こちらもすごいことになっていますが、スペックをみる限り納得できてしまいますね。プロ用・業務用で自分ではとても手が出ないスペックと値段ですが、α1で搭載された数々の性能・機能がα7シリーズに展開されるはず。αシリーズはシリーズ間の上下関係を気にせず出し惜しみなしで最新性能・機能を盛り込んでくるので、いずれ登場するであろうα7 IVが楽しみです。

ソニーストアでは1月29日から発売前の先行体験ができるので、触りに行ってみたいですね。買えないまでも、未来のスペックを体験してみたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です