Light Novel

俺のかーちゃんが17歳になった

俺のかーちゃんが17歳になった (電撃文庫)

電撃文庫の新刊から「俺のかーちゃんが17歳になった」を購入しました。

弘前龍先生のデビュー作ですが、のっけから注意書きがふるっています。

この物語はフィクションです。実在の声優・宗教団体とは関係ありません。

実在の声優とは、もちろん17歳つながりのあの人ですね。それはともかく、この作品は、少なからぬ犠牲を払うことで、17歳の肉体を取り戻せる、17歳教という宗教団体が存在する世界で、主人公とその家族のあれこれを描くホームドラマです。

フィクションとは、現実からあまりにかけ離れても、あるいは似通っていても面白くないものです。この作品は、17歳教という要素を日常に投入することで、家族の絆や愛情を浮き彫りにしています。

通常、ライトノベルにおいては、親の存在は日常を想起させるため積極的に排除されますが、この作品ではむしろテーマの一つとして取り扱い、主人公のかーちゃんこと、澤村和美さんの子供達に向ける愛情が、さほど重たくならずに描かれています。親っていうのは、家族っていうのは、そういうもんなんですよ、と心からそう思えるほのぼの良作でした。

構成もオムニバス形式で読みやすく、いい話で荒んだ心を潤したい方にはぜひおすすめしたい作品です。こういうことがあるから、新人作家さん、新作も定期的に発掘する努力を払っていかないといけませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です