Software

Adobe Photoshop Elements 12

毎年恒例で、この時期になるとAdobeのElementsシリーズが更新されますが、今年も例に漏れず更新版が発表されました。

アドビ、コンシューマー向け写真およびビデオ編集ツールの最新版、Adobe Photoshop Elements 12とAdobe Premiere Elements 12を発表

写真&ビデオ | Elementsファミリー

デジカメWatchおよびデジカメプラスでも記事が掲載されています。

アドビ、ペットの赤目を補正できる「Photoshop Elements 12」 – デジカメ Watch

パッケージ版は10月11日に発売:操作はより簡単に、スマホ連携も強化――「Adobe Photoshop Elements 12」「Adobe Premiere Elements 12」 – ITmedia デジカメプラス

デジカメWatchがペットの赤目補正に対して、デジカメプラスはスマートフォン連携と、見出しの紹介ポイントがそれぞれ違うのが面白いところです。

個人的には、Macの64ビットサポートが嬉しい点ですね。いまどきは大容量メモリが当たり前になっていますから、大量にメモリを使う写真や動画の編集ソフトには64ビット対応が嬉しいところです。

私はすでに旧バージョンの製品を持っているので、アップグレード版を購入する予定です。Photoshop Elementsのみが9800円、Premiere Elementsもつけると14800円、両方必要ならセットがお得ですね。MacにはiMovieもありますが、Premiere Elementsも面白そうなことができるので、一度試してみるのもありかな。

しかし、すでに参考書の出版が予定されているのが不思議。10/4発売って、早すぎでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です