DSLR

α6000のAF性能

CP+やソニーストアでα6000の実機をさわったレポートを、ちらほらと見かけます。

20140213a

179点に増えた像面位相差センサーと、BIONZ-Xで高速化したコントラストAFの組み合わせは効果絶大で、フォーカス動作が高速、AF-Cが気持ちよく食いつく、などの喜びの声が聞こえてきています。うーん、いいなぁ。

16MPのAPS-Cセンサー機ならNEX-5Rがあるわけで、NEX-6を下取りに出してα6000に買い替えてもいいかな、なんて気になってきていて危険です。これならEマウントのAPS-C専用レンズも有効活用できますしね。

UIもα7ライクになって、ボタンカスタマイズの幅も広がっています。EVFもさほど評判は悪くなさそうですし、思い切って突撃しちゃうかな。もうしばらく悩んでみることにします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です