Light Novel

とある飛空士への恋歌(5)

とある飛空士への恋歌 5 犬村 小六 (著), 森沢 晴行 (イラスト)

ついに読み切ってしまいました。「恋歌」最終巻の第5巻です。

前巻で一応のクライマックスを迎えて、その後日談という雰囲気です。空の果てへの旅を続けるため、さらなる犠牲を要求される主人公達。それぞれが選ぶ道と未来が細やかに描かれています。

終盤、タイトル「とある飛空士への恋歌」に込められた意味が明らかになる下りは、涙なしには詠めませんね。飛空士とは誰なのか、恋の歌とは何か、何通りにも読み取れる深いタイトルだと理解できました。

この世界は、続編の「誓約」シリーズにつながっていきます。アニメから入った人にもおすすめの「誓約」シリーズは、最新巻の第5巻が発売したばかり。ぜひ購入して欲しいところです。続きが気になって、いろいろと手につかなくなる恐れもありますけどね。ともあれ、続きが気になるほど面白い作品は、いくらあっても困りません。作者の活躍に期待して、次巻を待ちましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です