Bike Goods

ワイドビューしなのと輪行

自転車を分解して専用の袋に収め、交通機関を利用して移動することを輪行といいます。サイクリングの範囲を飛躍的に広げられる画期的な手段で、私も輪行を活用して、これまでにいろいろなところに行きました。

そんな便利な輪行ですが、分解するとはいえ自転車は巨大な荷物なので、周囲の迷惑にならないように置き場所を工夫する必要があります。特急電車や新幹線なら、車両最後尾の座席と壁の間が定番です。あとはデッキですね。

ところで、名古屋や大阪から長野方面にアクセスする際によく使う、特急「ワイドビューしなの」には、室内に荷物置き場があります。おそらく、元はスキー客のスキーのような長尺物を置くためのスペースだと思います。スーツケースや輪行袋など、大型の荷物置き場としてもぴったりです。ありがたいですね。先日の渋峠ライドでも使ってみました。それが冒頭の写真です。

ワイドビューしなのの荷物置き場は、長野側にあります。長野行きなら先頭側、名古屋行きなら最後尾ですね。こういったスペースを有効活用して、スマートに輪行していきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です