Camera Accessory

SELP1650の自動開閉レンズキャップ

NEX-5R + SEL1650 + JJC Auto Lens Cap

少し前に話題になった、SELP1650専用の自動開閉レンズキャップを購入しました。SELP1650は、NEX-5Rと同時に登場した、沈胴機構搭載のコンパクトな電動標準ズームレンズです。圧倒的なコンパクトさとほどほどの描写で、小型軽量なEマウントボディにぴったりです。

そんなSELP1650にも、面倒な点がありました。それはレンズキャップ。交換レンズの例に漏れず、このSELP1650にもレンズキャップが付属しています。40.5mmと小さめなので、取り扱いが面倒な上になくしやすく、レンズに装着しても出っ張ってしまい、あまりかっこよくありません。鏡胴はEマウントレンズでよくある49mmさいずなので、ひところは49mmへのステップアップリングが流行した記憶があります。

そこへ颯爽と登場したのが、この自動開閉レンズキャップ。電動の沈胴機構を活用した開閉機構がよくできていて、まるで純正オプションのようです。電源オンの一動作で撮影準備ができるので、まるでコンデジのような気軽さで扱えます。

このレンズに似合うのは、やはりNEX-5Rですね。SELP1650とセットで購入した、思い出深いボディです。それまではNEX-5Nを使っていましたが、SELP1650のコンパクトさと、ファストハイブリッドAF対応にひかれて買い替えたのでした。この組み合わせは、再び私のEマウントボディ体験の原点に戻ったようですね。初心に返って気軽に撮影を楽しもうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です