NEX-5R

久々の撮影散歩

fallen leaves

SELP1650の自動開閉レンズキャップを手に入れたので、さっそくNEX-5R + SELP1650で撮影散歩に出かけてきました。

Flower

NEX-5RのミニマルなデザインとSELP1650のコンパクトさ、それに自動開閉レンズキャップの効果で、気軽にさくさくと写真撮影ができました。

Blocks

得られる画も、なかなかのものですね。画像処理エンジンの関係でRAW現像が前提にはなりますが、今でも十分に通用します。とても3年前の16MPセンサーとは思えませんね。

Fire!

画素数が控えめなおかげで、RAWやJPGファイルもコンパクトにおさまります。WEBで掲載するくらいなら、16MPでも十分に感じますね。これならα7Sの12MPセンサーも、と危険な方向に考えが転がります。

Flower

久々にNEX-5Rを稼働させて、自分の原点に立ち返れた気がします。原初にしてどこか懐かしい、私にとってNEX-5Rはそんなカメラのようです。

とはいえ、RXシリーズ含めてαの操作系に慣れ親しんだ身には、いまさらNEXの操作系は使いづらかったです。αの操作系でNEX-5Rのボディとタッチパネル、それにα6000のセンサーを搭載したα4桁機が出たら、ぐっとそそられてコロリと購入してしまいそうです。もっとも、いかにも数が出なさそうな仕様ですね。NEX-5T以降、タッチパネル搭載のカメラはリリースしてませんし、実際には期待薄でしょう。こんなことなら、NFC搭載のNEX-5Tを安くなった時に押さえておけばよかった、と思わざるをえません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です