Mac

Magic Trackpad

外付けディスプレイで運用するMacBook Airのために、Magic Trackpadを購入しました。

Apple / Magic Trackpad

次のメインマシンではマウスを使わず、Trackpadのみで運用してみようと考えていました。手持ちの初代Magic Trackpadを使おうとも考えましたが、キーボードと同じく電池交換を面倒に感じてきていたので思い切って新しいMagic Trackpadを購入したわけです。Mac miniを購入したとしても使い続けられますしね。

キーボードと同じくアップルテイストのパッケージです。

Trackpad本体は、大きな白い板です。初代はアルミの質感を活かしたシルバー仕上げでしたが、こちらは真っ白ですね。

後部には充電用のLightning端子と電源スイッチがあります。Lightning端子はMac本体とのペアリングにも使えるとのこと。

裏側もキーボードと同じようなマット仕上げです。クリックは感圧センサーで検知する仕様に変わりました。初代Magic Trackpadは物理スイッチが仕込まれていたので、アルミ部分とプラスチック部分が別々で、やや剛性に欠ける感覚があったんですよね。こちらはがっちり剛性高く作られていて、気持ちよくクリックできます。

初代Magic Trackpadと比べてみました。まず大きさが違いますね。タッチ可能な範囲が横方向に伸びています。ある程度大きい方が一度にカーソル移動できる量が多く使い勝手がよくなるので、横長画面に合わせて横方向が広くなったのは合理的です。

キーボードと同じく、傾斜角も緩やかになりました。Trackpadは平面に近い方が使いやすく感じるので、新しいMagic Trackpadのほうが好ましいです。

傾斜角はMagic Keyboardと同じ角度なので、左右に並べるとぴったりと揃います。マウスと同じくポインティングデバイスは右手で使っているので、当面は左右配置で使ってみるつもりです。

ちなみに初代Magic Trackpadもキーボードと傾斜角が同じなのです。やはり同世代の製品どうしの方が統一感がありますね。あとはTrackpadのみの使い勝手をどう感じるか、です。こればかりは試してみないと分かりません。MacBookでは普通ですが、メインマシンは使い方が違いますからね。6年ぶりの環境変更を楽しみながら慣れていこうと思います。

Apple / Magic Trackpad

Apple / Magic Trackpad

13,242円(12/05 17:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です