Camera Accessory

Godox AD200Pro ポケットフラッシュ

Godoxのストロボワイヤレスフラッシュトリガーが調子よく動いているので、あわせてこんなものも買ってみました。

Godox / AD200Pro

同じくGodoxのポケットフラッシュです。出力200Wsと大出力ながら小型軽量でオプションも豊富なフラッシュです。クリップオンで使うなら純正のフラッシュが便利ですが、オフカメラで使うならアクセサリーが共通で使いまわせるGodox製品も便利です。

モノブロックストロボのMS300はAC電源対応で電池残量を気にせず使えますが、外では電源が確保しづらく使いづらい場合が多いです。その点AD200Proなら大容量の充電池を備えていて電源を気にせず使えます。MS300と合わせて多灯ライティングも可能と使い道も広がるので、思い切って購入したわけです。

AD200Proには、本体とオプションを収納できるしっかりしたケースが付属します。

ケースの中身です。本体、バッテリー、充電器、フラッシュチューブ、フラッシュヘッド、それにライトスタンド取り付け用のパーツが入っています。

フラッシュ本体です。意外とサイズは大きく、クリップオンストロボと同じくらいの長さがあります。

最初に付属しているフラッシュヘッドです。クリップオンタイプのストロボと同じようなヘッドです。

フラッシュヘッドの反対側に操作部があります。MS300と似たような操作形態です。

バッテリーと充電器です。2900mAhの大容量で、フルパワー発光500回分の容量を誇ります。

充電器の入力は、いわゆるメガネ型ケーブルです。付属のケーブルは長すぎるので、短めのケーブルを用意しようと思います。

付属アクセサリーのベアバルブヘッドです。ディフューザーを前提にするなら、ベアバルブヘッドの方が光が円形に拡散して使いやすそうです。

フラッシュヘッドの交換は、側面のボタンをスライドして行います。

側面のボタンを押しながらヘッドをずらします。

ヘッドを取り外して、別のフラッシュヘッドに交換できるというわけです。

グループとチャネルを合わせてXpro-Sでトリガー送信すると、何事もなく発光させることができました。使い勝手はMS300と同じで、同一メーカーならではの統一感でした。アクセサリーも豊富なので、いくつか買い求めて屋外でのオフカメラフラッシュ撮影に挑戦してみたいと思います。

Godox / AD200Pro

Godox / AD200Pro

46,730円(03/04 14:39時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください