My Equipment

Sony FE 20-70mm F4 G

新世代の標準ズームレンズを購入しました。

Sony / FE 20-70mm F4 G

広角側が20mm始まりの標準ズームレンズ20-70/F4Gです。

自転車でのツーリングに持ち出すために購入しました。今までの自転車ツーリングでは、主にTamron 28-200/F2.8-5.6を持ち出していました。広角側が28mm始まりと少し狭いですがF2.8と明るく、望遠側が200mmまで使えて便利なレンズでした。ただ自転車ツーリングでは開けた場所で風景を撮影する機会が多く、やはり広角側28mmが狭く感じてきたことと、もう少し軽さが欲しかったことがあり、昨年発売されたTamron 20-40/F2.8が気になっていました。買おうかどうか迷っているところに、ちょうど本レンズが発表されたわけです。

タムロン20-40/F2.8も本レンズも広角端は20mmと同じですが、本レンズは望遠側が70mmまで使えることと、絞りリングやフォーカスホールドボタンなど操作系が充実していることから、本レンズを選びました。明るさはF4とタムロンより暗いですが、風景なら絞って撮影するので問題なし。それより望遠端70mmの焦点距離をとりました。

さらに広角の16-35/F4Gにも目移りしたのですが、16-35/F4ZAをすでに所有していることと、スチルならパワーズームでない方が使いやすいため、16-35/F4Gは見送りました。

本レンズはGレンズですが、G Masterに匹敵するレンズポーチが付属します。

レンズ本体は驚くほど小型軽量です。長さが99mmと短いので、カメラバッグへの収まりも抜群です。

小型軽量ながら操作系は充実しています。AF/MF切り替えスイッチにフォーカスホールドボタン、絞りリングとロック・デクリックと、G Masterレンズと同等の操作系を備えています。

絞りリングのデクリック機構は最近の流行でしょうか。広角端20mmの広さとあわせて、動画撮影にもぴったりです。

本レンズはインナーズームではなく、望遠側に向かって鏡胴が伸びます。鏡胴が伸びた場合でも重量バランスは良好です。

レンズフードは花形のフードが付属します。

α7R Vに取り付けてみました。レンズとボディのバランスは良好に感じます。実際にはα7 IIIとの組み合わせで使うことが多いと思います。このサイズ感ならα7Cと組み合わせても収まりがよさそう。

ファインダーを覗いてみると、20mmはやはり広いですね。24mmから4mmしか変化していませんが、広角側の変化は大きく感じます。自転車ツーリング以外でも積極的に持ち出して、風景撮影を楽しみたいと思います。

Sony / FE 20-70mm F4 G

Sony / FE 20-70mm F4 G

164,656円(07/15 22:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください