Sony FE 20-70mm F4 Gα7C

川崎、音楽のまち

ぼっち・ざ・ろっく!を観に行ったついでに、川崎を散策してきました。

[ Sony α7C | Sony FE 20-70mm F4 G ]

川崎は、アニメ「ガールズバンドクライ」の舞台です。私は、いわゆる「聖地巡礼」はあまりやらないのですが「地方から東京に出てきて川崎に住む」という状況に共感を覚えていたので、アニメの舞台を散策してみました。

JR川崎駅を出ると、目に飛び込んでくるのはアゼリアです。ガールズバンドクライ第1話では路上ライブが行われていた印象深い場所。作中で現実感たっぷりに描写されていたためか、アニメの世界に飛び込んだ感覚になれました。路上ライブのシーンは雨の夜ということで、ドライヤーなどの生活家電を揃えるために、雨が降る夜に川崎のヨドバシカメラを訪れたときの記憶が脳裏に浮かびます。

[ Sony α7C | Sony FE 20-70mm F4 G ]

路上ライブの場所もそのまんまですね。周辺には演奏する際の注意書きが張り出されていて、路上演奏が日常的に行われている様子がうかがえます。夜になれば演奏するミュージシャンに出会えるのかもしれません。

[ Sony α7C | Sony FE 20-70mm F4 G ]

駅の反対側、川崎駅の西口から少し足を伸ばして吉野家川崎西口店へ。東京に出てきた仁菜があこがれのミュージシャンである桃香さんに連れられて牛丼を食べたお店です。しかし、初日からあこがれのミュージシャンと食事して家に転がり込むなんて、波乱の人生ですね。

[ Sony α7C | Sony FE 20-70mm F4 G ]

せっかくなので、牛丼をいただきました。バンドマンは牛丼を食べがち。スタジオ練習後の定番だとか。

[ Sony α7C | Sony FE 20-70mm F4 G ]

店内にはさりげなくガールズバンドクライのポスターがありました。真ん中の方は働いていらっしゃる、かな?

[ Sony α7C | Sony FE 20-70mm F4 G ]

食後の腹ごなしを兼ねて、多摩川見晴らし公園へ。川の向こう側が東京です。本当に、あとちょっとで惜しかった。

[ Sony α7C | Sony FE 20-70mm F4 G ]

ルパさんと智ちゃんが歩いてきそうな道がありました。右手の土手下が仁菜のギター練習場所かな。広くて人もまばらで、楽器の練習にはよさそうな場所でした。

ガールズバンドクライに登場する川崎をたくさん目にしたせいか、初めてだけど初めてではなく懐かしい、不思議な感覚が体験できた散策でした。この街のどこかで、自分の居場所を作り出すために歌う歌い手がいるのかもしれない、と感じられました。カメラを片手に街歩きするだけでも楽しいですが、好きな作品の舞台を感じながらだとさらに楽しめますね。いわゆる聖地巡礼をする人の気持ちが少し理解できた気がします。

ちなみに、川崎は市制100周年とあわせて「音楽のまち・かわさき」を売り出し中です。ガールズバンドクライの作中バンド「トゲナシトゲアリ」のメンバーが市長を訪問したのも新しいところ。

川崎が舞台のアニメ放送中! ガールズバンド「トゲナシトゲアリ」が市長を表敬訪問

ゆるキャラの「ミュートン」さんは第11話のフェスでも登場していました。こうやって作品と現実が交錯する体験は新鮮ですね。川崎の音楽推しにあてられたか、帰り道でラゾーナ川崎の島村楽器に寄り道して、楽器を始めてみるのもいいかも、と考えたりしてしまいました。

次は、カメラを持って作品の舞台で写真散歩を楽しむなり、サイクリングロードを自転車で走るなり、いろいろと挑戦してみたいと思います。ガールズバンドクライの盛り上がりにも期待大です。

TVアニメ『ガールズバンドクライ』Vol.1

TVアニメ『ガールズバンドクライ』Vol.1

ガールズバンドクライ
3,682円(07/15 12:24時点)
Amazonの情報を掲載しています
棘アリ

棘アリ

トゲナシトゲアリ
4,242円(07/15 12:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください