俺の妹がこんなに可愛いわけがない(12)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)

電撃文庫の新刊を買ってきました。伏見つかささんの「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」最終巻の12巻です。アニメ化、コミックス、はては主人公がタレント化して実在の会社と契約するなど、幅広いメディアミックス展開をしている人気作品ですが、変に引っ張らずきっちりと最終巻を出すところに好感が持てます。

最終巻の構成は、京介のモノローグから始まり、オムニバス形式で進んでいきます。時系列も前後して、少し整理しながら読む必要がありますが、基本的にはこれまで京介が培ってきた人間関係に一つずつ決着を付けていくことになります。詳細はネタバレになるため割愛しますが、あやせ、黒猫、加奈子、そして麻奈美、それぞれの決着には、作中で流れた時間が織りなす歴史を感じさせるものでした。賛否両論あるでしょうが、私は決着を付けたこと自体を高く評価しますね。

少し気になった点としては、伏線の回収に多少説明的な表現が目につきました。例えば、あやせのヘアピンの下りですね。もう少し読者の想像に任せても良いように感じましたが、そうしたらそうしたで、意味不明になる恐れもあるため、難しいところですね。

現在放映中のアニメは、この最終巻の結末まで描かれるようです。動いているところを見ると、また違った面白さを感じられることでしょう。作者さんの次回作に期待してアニメも楽しむことにします。

スポンサーリンク

フォローする