DSLR

EOS Mの最新ファームとAF高速化

キヤノンEOS M【第7回】 AF高速化の最新ファームウェアを試してみた

キヤノンのEOS Mは、発売当初からAFがもっさりしていると評されていましたが、今回のファームウェア更新でAF速度が改善されたそうです。デジカメWatchにレビューが掲載されていました。

ライブ多点AFは劇的に高速化されていますが、それでも他社製をしのぐほどではない、アダプタ経由のEFレンズはそこそこ高速化、というレビューでした。

EOS Mのダブルレンズキットはお買い得な値段なので、一眼レフのサブにどうかな、と考えることもありましたが、EOS 70Dのセンサーが発表されたので、EOS 70Dのセンサー技術がEOS Mにも搭載されることを期待して、待つのが賢いかも。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です