なれる!SE (11)

なれる!SE (11) 絶対?管理職宣言 (電撃文庫)

電撃文庫の新刊から、なれる!SEシリーズの最新巻、第11巻を購入しました。

なれる!SEシリーズは、うっかりIT業界に入ってしまった主人公が、トラブルに遭遇しては切り抜ける様子を、現実味あふれる筆致で描き出すフィクションです。えぇ、あくまでフィクションです。現実味があふれすぎて、業界関係者の胸をえぐるエピソードが満載ですね。

今回は、管理職宣言のサブタイトルが示すとおり、主人公が管理職として買収した子会社の面倒を見ることになります。子会社の将来を考えて発言した内容が、かつて主人公が憎んだ上司そのものだったことに気づく下りが印象的でした。テーブルの反対側に座れば、発言の内容も異なるのが当然ですが、それをよしとしないのが美点でもあり、弱点でもあるのでしょうね。

外資系にありがちなHQと現地法人の確執なども描かれていて、現実味をやたらと高めてくれているのもポイントです。業界関係者のハートをわしづかみです。つかみすぎて握りつぶされてしまいそうですね。

小説も11冊目、コミックスにも展開しているので、次はアニメ化の声がかかりそう。ドライバーとラックマウントレールで切り結ぶ姿も動画で見られるかもしれませんね。労基ににらまれないよう、内容には注意するんだぞ、と。

スポンサーリンク

フォローする