俺のかーちゃんが17歳になった(2)

俺のかーちゃんが17歳になった (2) (電撃文庫)

電撃文庫の新刊から、「俺のかーちゃんが17歳になった」第2巻を購入しました。

この物語は、17歳教というどこかで聞いたような宗教がある世界で、家族愛をテーマに日常のどたばたを描いたものです。17歳教は、入信すると余命と引き替えに17歳の肉体を手に入れられる宗教です。本当にどこかで聞いたような宗教ですね。

表紙になっている制服姿の女の子は、主人公の母親が17歳になった姿です。こんな母親がいたら、それはもうどたばたの日常が繰り広げられること請け合いです。

第2巻では、主人公のクラスメイトが、唐突に主人公と結婚する宣言をしたところから、あれやこれやが転がります。最後は落ち着くところに落ち着いて、次巻への含みも持たせて綺麗に終わっており、安心して物語を楽しめます。

17歳教という設定をうまく活用してお話を転がしているのがいいですね。フィクションの肝をよく分かっていると思います。続編も楽しみです。

スポンサーリンク

フォローする