DSLR

Nikon D750

かねてから噂になっていた、ニコンのフルサイズデジタル一眼レフカメラ、D750が発表されました。

D750 – 概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

ニコン、FX初のチルト式液晶を装備した「D750」 – デジカメ Watch

20140915a

センサーが24MPになっているだけで、EXPEED4搭載、オートフォーカスは51点とD810と同等です。測光やピクチャーコントロールもD810ゆずりとか。防塵防滴で、炭素繊維複合素材を使ったモノコックボディにより軽量化されてます。Wi-Fiや可動式の液晶ディスプレイ搭載もうれしいポイントですね。

D810とは、センサーの画素数(24MP/36MP)、記録媒体(SD+SD/SD+CF)が大きく違います。36MPは撮影後の保存や取り回しの点で一長一短ですし、記録媒体にいたっては、高速記録を求めない限りはSDのダブルスロットの方が使いやすそうです。高画素の画質重視か、ほどほどの画素数で使い勝手重視か、という性格づけですね。

気になるお値段は、ボディのみで23万円程度、24-120VRキットが30万円程度と、レンズキットがお買い得です。手持ちのレフ機がD7100+DX 18-300/f3.5-6.3のみで、フルサイズのレフ機を物色していた私としては、24-120VRキットで標準レンズをお得にゲットして、いずれはD810あるいは後継機種を、という手がありそうです。

一方で、ミラーレスもα6000、α7と似たようなラインナップをそろえてしまっているので、使いどころに悩みそうです。2つのマウントでフルラインナップをそろえられるほど、懐に余裕はありませんから、そろそろお互いの守備範囲を真剣に考えてみるとしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です