Mac

OS Xの写真アプリ

デジカメプラスに、Mac OS Xの新しい写真アプリに関する記事が掲載されていました。

OS Xの「写真」は「iPhoto」からどう変わった? 最適な移行法を考える (1/4) – ITmedia デジカメプラス

執筆者の荻窪圭さんは、私のお気に入り連載「今日から始めるデジカメ撮影術」の執筆者でもあります。iPhoneのカメラに関する記事や、Macの写真アプリに関する記事がどれも秀逸で、大変参考になります。最近、デジカメプラスは記事掲載が少なめですが、荻窪圭さんの記事は定期的に掲載されていて、楽しみにしています。

今回は注目度の高い、新しい写真アプリの記事で、期待も高まりますね。iPhoto/Apertureで複数のライブラリを管理していた写真好きを想定して、執筆者自身が試行錯誤した暫定最適、いわゆるベストカレントプラクティスを紹介しています。

それは、iPhoneで撮影した写真を入れたライブラリをシステムフォトライブラリとして運用する、というもの。私の使い方も似たところがあったので、参考になりました。あとはiCloudフォトライブラリの容量かなぁ。200GBを月額400円で利用するのがお買い得みたいなので、しばらく使ってみようかな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です