自転車の機材

GARMIN Edge 820J

GARMIN Edge 820J

しばらく間があいてしまいました。しばらくは、先日購入したTCR ADVANCED 2のアクセサリーをネタにしていきたいと思います。

まずは、GPS搭載のGARMINサイクルコンピュータ「Edge 820J」を紹介します。サイクルコンピュータは、自転車や自分の身体に取り付けたセンサーからの情報を処理して、スピードやケイデンス(ペダルの回転速度)、距離や心拍数などを表示するデバイスです。GPSを搭載しているものも多く、サイクリングの軌跡を地図に描画して楽しめます。

いくつか有名なメーカーがありますが、今回購入したのはGARMIN社の製品です。この業界では老舗ですね。私も、以前Edge 500を使っていて馴染みがあったので、今回もGARMIN製品を選択しました。

GARMIN Edgeシリーズは、520、820、1000の3種類がラインナップされています。520と820が同じサイズ、1000が少し大きなサイズです。機能面では820と1000がほぼ同じくらいの高機能、520がサブセットといったところです。機能面で、地図表示はぜひ試してみたいと思っていたので、520が選択肢から外れ、1000のサイズがちと大きすぎたので、820を購入することにしました。

GARMIN製品は並行輸入版が流通していて、価格面でそれなりにお安く入手できます。日本正規版と並行輸入版の違いは、Edge 820では日本語表示と日本地図ですね。私は日本語表示にはこだわらないのですが、日本正規版のEdge 820に搭載されている日本地図には興味をそそられて、結局日本正規版Edge 820Jに決めました。MAPPLEデジタルデータ2016年度版があらかじめインストールされていて、経路案内ができたり、自転車専用道路が登録されていたり、日本語による検索ができる点が優位点ですね。

GARMIN Edge 820J

サイズとしては、以前使っていたEdge 500とほぼ同じです。マウントも共通なので、流用できるのがうれしいところです。日本正規版にはセンサーバンドルしかラインナップされていませんので、本体の他にスピード、ケイデンス、心拍センサーが同梱されてきます。マウントもステムとハンドル前方の2種類が付属するので、付属品でほぼ完結します。

GARMIN Edge 820J

今回は、専用のシリコンケースを追加購入しました。あとは落下防止にストラップを付けるくらいですね。

GARMIN Edge 820J

タッチスクリーンなので、液晶保護フィルムも用意しました。安心のOverLayシリーズです。画面サイズが小さいからか、2枚組なんですね。キズが付いてきたら、貼り替えることにします。

サイクルコンピュータの他にも、いろいろとアクセサリーをそろえて、乗り出す準備は万端。ちょっとバタバタしていて時間がとれず、本格的な始動は来年からになりそうですが、Edge 820Jの多彩な機能をフル活用して、楽しいロードバイクライフを送りたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です