My Equipment

ソニーEマウント対応標準ズームレンズ「FE 24-105mm F4 G OSS」購入

ソニーEマウントのフルサイズ対応レンズ「FE 24-105mm F4 G OSS」を購入しました。

SONY / FE 24-105mm F4 G OSS

ソニーEマウントのフルサイズ対応標準ズームレンズとしては、お手軽なSEL2870、ZEISSブランドのSEL2470Z、G MASTERブランドのSEL2470GMに続く4本目のレンズです。

これまではSEL2470Zを使っていましたが、小型軽量を重視したためか、写りはシャープなもののボケがいまひとつで、α7R IIの性能に対してどこか妥協を強いられるレンズでした。といってもニコンFマウントで24-70mm F2.8を購入してしまったので、いまさらG MASTERを買うのもなぁ、と悩んでいたところに、ほどよい価格と重量で、望遠側が105mmまで伸びたこのレンズの発表を見て、ズームレンジが異なれば、違う種類のレンズだよね、と自分に言い聞かせつつ、思い切って購入したわけです。

箱を開けると、レンズポーチに入ったレンズとご対面。レンズポーチ付属は高級レンズの証明です。

SEL2470Zと比べると、重量で240g、長さで2cmのサイズアップです。

手ブレ補正機構を内蔵していて、暗所でも手持ちで気軽に撮影できそう。

操作系は、AF/MF切り替えと手ブレ補正の切り替え、それにフォーカスボタンが備わっています。フォーカスボタンはボディ側で機能割り当てがカスタマイズできるので、使いやすく設定可能。瞳AFに設定すると、ポートレート撮影が捗るとか。

MARUMI レンズフィルター EXUS レンズプロテクト 77mm

レンズプロテクターは、いつものEXUSを選びました。77mmのフィルター径は手持ちがなかったので、C-PLやNDフィルターも買い足したいところです。

α7R IIに取り付けてみました。SEL2470Zに比べると、さすがに重たくなったな、と感じますね。レンズ側に240gの重量増なので当然です。

この重量増と引き換えに、105mmまでの望遠とGレンズならではのボケ描写が手に入るので、文句は言えません。軽快さが必要なときは、APS-Cのシステムを持ち出すことにしましょう。

久々の新レンズ、しかも使い勝手のよい標準ズームレンズです。ひらくPCバッグnanoといっしょに持ち出して、積極的に撮影していきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です