ライドの記録

【四国一周】【DAY 8】帰路へ!大野ヶ原を抜けて松山へのライド!

はじめに

四国一周アフターライド、前回は久万高原から地芳峠を登って四国カルストに到着するまでを書きました。

【四国一周】【DAY 7】異世界へのヒルクライム!四国カルストライド!はじめに 四国一周アフターライド、前回は伊予西条からUFOラインを通って石鎚スカイラインを下り、久万高原に到着するまでを書きました。 ...

楽しかった四国一周とアフターライドも今日でおしまい。今日は松山へ向けて帰路につきます。せっかく四国カルストまで来ているので、少し遠回りして大野ヶ原に寄り道することにしました。

雲海ならず

天狗高原からは雲海が見えるかも、ということで早起きしてみました。

空は相変わらずの曇りです。

天狗荘の目の前にある下り坂は、県道48号線です。これを下って林道を抜けると、国道197号線に出ます。そこから須崎や四万十に抜けることも可能。ただ、四国の最終泊は松山にしたかったので、今日は来た道を引き返すことにしています。

雲海は…うーん、あんまり出てないですね。

気持ち、ちょろっと出ているかな、くらいでした。残念。

雲海は、空気中の水分が朝方の放射冷却による冷え込みで冷やされて発生します。夜が曇りで空に雲がかかっていたため、放射冷却が起きず冷え込みの度合いがゆるかったんでしょう。確かにそんなに寒くありませんでした。

星空と雲海、それに日の出、次に来るときには見られるといいなぁ。

天狗荘に戻って朝風呂をいただきます。すっかり冷え切ってしまった身体が暖まるぅ。朝ご飯をいただいたら準備して出発です。ライドスタート!

朝の四国カルスト

今日のルートは100km程度と短めです。というわけで、四国カルストをゆっくりと楽しんでいくことにします。こんなところ、めったに来られないので存分に景色を楽しむぞ。

日が昇っても、しばらくは雲海らしきものが見られました。

お世話になった天狗荘、また来たいな。

なんだか朝よりも増えている気がしますね、雲海らしきもの。

これまで走ってきた四国南部を一望。目の前に広がる風景の、左から右まで走ったんだなぁ。感慨深いです。

フクロウ?の看板です。いつからあるんでしょう、年季が入ってます。

さて、名残惜しいですがそろそろ出発しましょう。

昨日とはうってかわって人気のない四国カルストです。朝早いし月曜だし、当然ですね。牛さんものんびり?

朝ご飯の時間だったようです。

もりもりと食べてますね。なんだかすごく注目されている気がします。

ススキが朝日に照らされてキラキラと光ってます。車も人もいないし、独り占め!

こんなところが近くにあったら、毎日でも登ってしまいそうです。

いい景色だなぁ。陳腐な感想しか出てきません。

ビンディングシューズじゃなかったら、先の東屋まで行くんですけどね。

牛!牛がたくさん。あか牛もいます。

朝ご飯の飼料を食べたら座り込んでしまってます。休憩かな。

こちらは草の朝ご飯。

つぶらな瞳がカワイイ。これ、手を伸ばせば触れられるくらいの距離なんですよ。触っちゃダメですけどね。

牛さんをひととおり観察したら先に進みます。

折り重なる山々、その間に雲海。絶景です。

相変わらず日本離れした風景です。

再びの牛さん。

近づくと、「このちっちゃなものはなんだ?」とでも言いたげな瞳で見つめてくるんですよね。牛さんにも好奇心があるんでしょうか。

ちょっと進むたびに止まって写真を撮影するので、全然進みません。

いい景色だ。

牧場のそばを通る抜け道を通っているので、昨日とは違った景色が見られて最高です。

愛車の撮影も捗ります。

目の前の丘を巻いて、左下の道に出てくるわけです。なんだか空も晴れてきたような。やっほぅ!

吸い込まれそうな道ですね。

突然かっこいい岩が出てきたりするので油断なりません。撮影撮影っと。

調子に乗って、展望台まで登ってしまいますよ。高いところからは、さすがのよい眺めでした。ビンディングシューズだと登りが大変でしたけどね。

牧場の建物が見えます。朝早くから牛さんの朝ご飯を配ったり、牛さんを移動させたりとお仕事してらっしゃいました。

ようやく姫鶴荘まで戻ってきました。いやー、楽しんだなー。

向こうにはキャンプ場が広がっていて、テントが張れるようになっています。次はキャンプツーリングに挑戦してみたいな。

晴れた日の眺望図です。今は晴れ、ラッキー。ガスで何も見えないときもありますからね。

この景色も今日はこれで見納めかな。また来るぞ!

さらば、四国カルスト。

大野ヶ原を抜けて

四国カルストを後にしたら、県道383号線をそのまま進んで大野ヶ原に向かいます。

多少路面が荒れているものの、走りやすい道でした。登りますけどね。

この頃になると青空が広がって、気持ちのよいサイクリング日和になりました。最高だ。

大野ヶ原にも牛さんがいるわけです。

見られている、見られているぞっ。

天狗高原にいた牛さんと模様が違いますね。種類が違うのかな。

近くには奇岩があるらしいですが、ちょっと距離があったのでパスしました。

この辺りまでくると、昨日通った道ですね。松山に向けて進んでいきます。

松山へ

ごうかく駅です。御利益あるかな。

福地蔵の湧き水です。今日はだれもいませんね。

道の駅みかわでお昼にしようと思ったのですが、今日は休業でした。仕方がないのでもうひとつ先の道の駅を目指します。

川の水がキレイすぎ問題!

道の駅 天空の郷さんさんです。いつも思うんですが、この名前を付けるのは誰なんだろう。

敷地内に美味しそうなパン屋さんがありましたが、バイキングレストランにしました。お腹がペコペコだったので、たくさん食べたかったのです。地元食材を使った郷土料理もたくさんあって、大満足。

お腹いっぱいになったら再び進みます。最後の登り、三坂峠を越えます。普段だったらなんてことはない峠ですが、今の足にはこたえましたね。

市街地が遠くに見えます。ダウンヒルを慎重にこなしながら進みます。

ようやく松山に到着。下界は冬装備だと暑いくらいの陽気でした。愛媛県庁で看板を発見したので撮影。

松山城のお堀を見ながら後泊のホテルに向かいます。この時間からなら帰れたような気もしますが、松山の夜を楽しんでゆっくり帰りたかったんですよ。

ホテルに到着したら、自転車を輪行状態にしてチェックイン。その後、近くの喜助の湯でお風呂をいただきました。

さっぱりしたら、夜の松山へGo。晩ご飯をいただいて、ホテルに帰ってばたんきゅーでした。

おわりに

結局、100kmで獲得標高1000m弱となかなかのヒルクライムでした。大野ヶ原と三坂峠がキツかったですね。もう少し登れるようになりたいな、と思った一日でした。四国カルストをゆっくり楽しめたのはよかったですね。日帰りだと忙しくなりがちですから、天狗荘に泊まれてよかったです。

今回の軌跡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です