ライドの記録

【四国一周】【DAY 7】異世界へのヒルクライム!四国カルストライド!

はじめに

四国一周アフターライド、前回は伊予西条からUFOラインを通って石鎚スカイラインを下り、久万高原に到着するまでを書きました。

【四国一周】【DAY 6】旧寒風山トンネルで行く!秋のUFOライン再びライド!はじめに 四国一周への挑戦、前回は宇和島から松山を通って東予港に到着、無事に四国一周を完走するまでを書きました。 https://w...

今日は四国カルストを目指します。走行距離の割に獲得標高のある、走りごたえのあるルートです。疲労が蓄積している感覚はありますが、身体は特に問題なし。初めての四国カルストが楽しみです。

久万高原を行く

古岩屋荘をチェックアウトしたら、昨日来た道を戻って県道212号線経由で国道33号線を目指します。

川沿いの道を進むことになるのですが、相変わらず水がキレイ!昨日は暗かったのでよく見えませんでしたが、今日はキレイな川面が楽しめます。

キレイすぎて、いい加減に見飽きてきますね。贅沢な悩みだ。

近くには岩屋寺があります。観光バスで来たツアーの方がぞろぞろと向かっていました。

それを横目に愛車の撮影にいそしむわけです。今日は走行距離50kmくらいなので寄り道し放題です。

時間に余裕があると、写真撮影が捗りますね。ああでもない、こうでもないと試行錯誤しながらの写真撮影でした。

陳腐な感想しか出てこないですね。きれいだなー。

この辺りも、紅葉のピークはしばらく先のようですね。

どこの川を見ても水がキレイです。どうなってるんでしょうね。

雰囲気のよい古びた橋です。向こうの道はどこに続いているんでしょう。

川底が透き通って見えることにも慣れてきました。これに見慣れてから普通の川を見たら、がっかりするかも。

青みがかった透き通った川の水を通して川底がくっきりと見えます。

ほんとにキレイです。いつまでの眺めていたい。

この日は風が穏やかだったので、水面反射っぽい写真が撮影できました。

もう少し川の近くまで行けば、もっときれいな反射が見えたかも。

道の駅みかわから地芳峠へ

国道33号線に入ったら、少しだけ逆方向に進んで道の駅みかわで休憩です。

天日塩のアイスモナカを購入しました。暑かったので。塩スイーツの一種なのか、さっぱりした味で冷たくて美味しい!

再び国道33号線を南に進みます。この写真で左手が来た道ですね。

御三戸嶽を横目に見ながら面河川沿いを先に進みます。

しばらく進んだら、柳谷大橋の交差点から国道440号線に入ります。いよいよ四国カルストの案内が出てきましたよ。

ループ橋をぐるっとまわったら、トンネルを抜けて先に進みます。ちなみに道の駅みかわからずっと登りです。この先も、ゴールまでずっと登りが続きます。距離が短い割に、獲得標高がすごい。

福地蔵の湧き水です。美味しい水らしいです。この日はずっとペットボトルに水を詰めている人がいたので写真のみ。くみ上げているわけではないので問題ないのかもしれませんが、すごい数のペットボトルです。自分で使うのかな。

川はずっとキレイです。こんなキレイな川沿いの道を走れる幸せよ。

そろそろ勾配がきつくなってきました。重い荷物を持ってのヒルクライム、ゆっくりペダルを回して登っていきます。

天狗高原の案内看板が出てきました。

地芳峠に到着です。ここで終わりではなく、四国カルストまでもうひと登りあります。油断禁物。

四国カルストへ

さて、じわじわと登っていきますよ。

サイコンの勾配表示がすごいことになっています。あと300mくらいは登らないといけないんですよね。

必死でペダルを回して、なんとか姫鶴平に到着しました。疲れたー。

登ってきたかいのある絶景だ!

日本とは思えない異世界感です。

折り重なる山々もくっきりと見えます。

さて、ちょうどよい時間なので、姫鶴荘でお昼にしましょう。

きつねうどんと

カツ丼です。思わずふたつ頼んでしまいました。この後はあまり距離を乗らないので、完全にカロリーオーバーですね。

お腹いっぱいになったら、しばらく休憩してから先に進みます。今日の宿泊先である天狗荘までは、もう少し距離があります。

風車のメンテナンス中でしょうか。メンテナンス車両が見えます。

草原とカルストと青い空、ヨーロッパを思わせる風景ですが、日本です。

写真撮影のために足を止めながら進むので、全然先に進みません。チェックインまで時間があるから、もう少しゆっくり進みましょう。

いやー、絶景かな。

天気がよいのも幸せですね。

ここまで来られてよかった。四国カルストはアクセスしづらい場所にあるので、時間に余裕を持って来ることができたのはよかったです。

見れば見るほど日本とは思えない風景ですね。

しばらく進むと、ススキが広がる平原に出ました。日が当たってきらきら光ってキレイ。

見ることができてよかった。幸せです。

しばらく進むと、天狗荘に到着です。天狗荘の前には、高知県と愛媛県の県境があります。

こんな感じですね。

天狗荘の前からは、四国南部を一望できます。四国一周で走った地名が出てきて、ここを左から右まで走ったんだと実感できます。改めて達成感がこみ上げてきました。

天狗荘にて

ほどよい時間になったので、天狗荘にチェックイン。自転車は室内に持ち込ませてもらえました。和室につき、下に引くための新聞紙を支給されます。

ホテル内に県境があります。面白い!

天狗の置物。ホテル名の由来かな?

お風呂をいただいて洗濯をしかけて、晩ご飯までくつろぎます。いやー、チェックインしてから余裕があるっていいですね。四国一周ライドでは、いつも日没後も走ってからのチェックインで、ご飯、お風呂、寝るだけでしたからね。

晩ご飯は、当然天狗荘でいただきます。ちょっと奮発して天狗の膳。

まずはゆずドリンクでのどを潤します。適度な酸っぱさが疲労回復に効く?

四国の定番、鰹のタタキです。

酢の物です。器がオシャレ!

山菜の炊き合わせ。

アメゴの塩焼きです。この塩でご飯が進みました。

お肉!ライド後のタンパク質補給がばっちりです。

天ぷら!

デザートです。

ご飯のおかわりをいただいたので、お腹いっぱい。幸せです。

夜には星空観察ツアーが開催されているのですが、今日はあいにくの曇り空で星を見るどころではありません。次は星空が見える天気の日に来たいなぁ。

明日の準備をすませても、寝るにはまだ早い。ゆったりとくつろぎながら贅沢な時間をすごしました。時間の余裕があるっていいですね。

おわりに

走行距離50kmで獲得標高が1200mと、大変なヒルクライムライドでした。これだけ走った後に重い荷物をつけた自転車でこれだけ登れたのは大きな自信になりました。アフターライドしてよかったです。

明日は松山まで帰ります。

今回の軌跡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です