ZEISS Touit 32mm F1.8

α6500でスナップ試し撮り

先日購入したα6500の試し撮りをしました。

ボディ内手ぶれ補正と連写がスゴい!ソニーの一眼カメラ「α6500」購入久しぶりにカメラボディを購入しました。APS-Cサイズセンサー搭載のソニーEマウントカメラボディ「α6500」です。 先代となるα...
[ Sony α6500 | Carl Zeiss Touit Planar T* 32mm F1.8 ]

レンズはいろいろと迷ったものの、Touit 1.8/32を持ち出しました。35mmフルサイズ換算で48mmと標準画角で手ブレ補正なしと、α6500の試し撮りにはちょうどよいでしょう。

[ Sony α6500 | Carl Zeiss Touit Planar T* 32mm F1.8 ]

開放からシャープながらもフォーカスを外したところは柔らかくぼける描写は、いつものTouitです。α6500のセンサーはα6300と大差ないからか、いつもの描写で安心します。

[ Sony α6500 | Carl Zeiss Touit Planar T* 32mm F1.8 ]

α6500の手ブレ補正は強力ですね。TouitのAF機構がのんびりしているせいか、手ブレ補正の動作に若干のタイムラグがありますが、ファインダー像がピタッと止まるのが気持ちいいです。ボディのAFにレンズのAF機構が追いつかず、AFモーター駆動音がジーコジーコ気になるのが唯一の難点です。

[ Sony α6500 | Carl Zeiss Touit Planar T* 32mm F1.8 ]

構図によっては後ボケがうるさくなりますね。レンズのクセをつかみながら、じっくりと写真に向き合いたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です