Camera Accessory

入射光で直接露出を計る!セコニックの単体露出計「フラッシュメイト L-308X」購入

物欲をかきたててやまないヨドバシカメラの公式オンライン写真マガジン「フォトヨドバシ」の特集「光を読む」を読んで思わず買ってしまいました。

フラッシュメイト L-308X:露出計・カラーメーター・照度計:株式会社セコニック

セコニックの単体露出計「フラッシュメイト L-308X」です。

カメラ用語で露出というと、撮像素子に光を当てることです。露出を調整することで、写真を明るくしたり暗くしたり、自由自在に光を操ることができます。最近のデジタルカメラには漏れなく自動露出(AE)機能が搭載されていて、シャッターを押すだけでカメラが「適正な」露出になるよう絞り、シャッタースピード、ISO感度を設定して露出をコントロールしてくれます。

デジタルカメラが露出をコントロールできると言うことは、デジタルカメラにも露出を測定できる機能が備わっているわけです。これが露出計ですね。ただしデジタルカメラに搭載されている露出計は、対象物から反射してきた光を使って露出を測定する「反射光式」の露出計です。対して単体露出計ではその場の光そのものを測定する「入射光式」の測定が可能です。反射光式だと対象物の色によってカメラが適正と判断する露出が変動するんですよね。それを補正するのが露出補正というわけです。

そんな単体露出計に対する愛を思い切り語ったのが、特集「光を読む」です。

さて写真の腕前を上げたいと思うとき、もっと写真というものを理解したいと思うとき、取り組むべきことは何でしょう。それはやはり、絞りとシャッタースピードを決めること、すなわち「露出」ではないでしょうか。キホンのキホンでありながら、突き詰めていくと厄介なテーマです。

光の量はどのぐらい? – 特集「光を読む」 | フォトヨドバシ

以前からこの特集は目にして、露出計というものが気になっていました。そんな中、写真に対する姿勢を見直して真摯に取り組んでみたい、と漠然と思っていたところに「写真の基本はやはり露出」という言葉を思い出し、露出計に対する興味も後押しして購入したわけです。

パッケージを開封すると、ケースに入った本体が出てきました。伝統的なカメラ用品らしい、質実剛健なケースです。

本体とのご対面です。筐体はプラスチック製で軽い仕上がりです。単三電池1本で動くのですが、電池が一番重いくらいです。前面には電源ボタン、モードボタン、ISOボタンの3つのボタンが、側面には測定ボタン、アップダウンボタンの2つのボタンがあります。

上部の白い球体が光球です。ここを受光部にして、その場の光そのものを測定するわけです。

早速測定してみました。自動露出プログラムと同じく、シャッター速度優先か絞り優先を選び、ISO感度を設定して測定すれば、露出を計ってくれます。この写真では、絞り優先モードでISO400 F4を指定して測定したところ、シャッタースピードが1/60秒と測定されているところです。

光球をずらすと受光部がむき出しになって、反射光式の測定も可能です。シンクロコードを使ってフラッシュを使ったときの露出測定も可能と、単体露出計に必要となる機能はひととおりおさえられています。

今までなんとなくカメラの自動露出任せにしていて、露出補正も意図や確信をもって指定していませんでした。単体露出計を手に入れたことですし、露出を通じて写真と向き合ってみようと思います。あわせて、ズームレンズではなく単焦点レンズを使って画角の感覚も身につけたいですね。写真に関する今年の目標です。

フラッシュメイト L-308X JE60

フラッシュメイト L-308X JE60

24,136円(08/25 09:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です