自転車の機材

第二世代になったシマノのハイエンドロードシューズ「S-PHYRE RC9」購入

ロードバイク用のシューズを買い替えました。シマノのハイエンドロードシューズ「S-PHYRE RC9」です。

SPD-SLペダルと同時に購入したRP9をずっと使ってきましたが、つま先側にもBOAダイアルが欲しかったのと、サイズが今ひとつぴったりしていなかったので、脚のサイズを測り直してぴったりサイズのシューズを購入したわけです。

燦然と輝くS-PHYREのロゴが目立つ化粧箱です。値段なりの高級感があります。すぐに捨ててしまうんですけどね。

スライド式の中箱を開けると、シューズ本体とご対面です。シューズには布がかけられていて、輸送中のキズを防いでいます。普通は紙なんですが、この辺りもコストかけてますね。

シューズ本体です。脚の甲とつま先、それぞれBOAダイアルでフィット感を調整できます。RP9はつま先がベルクロで、サイズが少し大きかったので、つま先のフィット感が今ひとつだったんですよね。

RC9ならつま先もBOAダイアルなので、微妙なフィット感の調整もお手の物です。アッパーの構造も一体化されていて、全体のフィット感も向上しています。

かかとのヒールパッドが交換可能なのもいいですね。接着式だと交換が難しく、ヒールパッドの消耗がシューズの寿命を左右する場合もあります。RC9ならそんな心配は無用です。

クリートを取り付けて近場で試走して履き慣らしてから、ロングライドで使ってみようと思います。新しいシューズ、履き心地が楽しみです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です