Other Gadget

小型で高出力のUSB PD対応充電器!Anker PowerPort III 65W Pod購入!

充電環境をUSB PDに更新すべく、小型で高出力のACアダプタを購入しました。

Anker / PowerPort III 65W Pod
Anker / PowerLine III USB-C & USB-C 2.0 ケーブル

65Wの高出力に対応したUSB ACアダプタ「PowerPort III 65W Pod」です。あわせて充電用にUSB-C to USB-Cケーブルと、USB-C to ライトニングケーブルも購入しました。

側面はツルツル、プラグ面と反対側はマット仕上げです。小型ACアダプタは持ち運びして使うものなので、持ち運びの際に側面は傷がつきそう。

小型と言ってもいろいろありますが、PowerPort III 65W Podは体積が小さいたぐいの小型です。66 × 29 × 45 mmで厚さはそれなりといったところ。重さは121gで、軽いとはいえ中身の詰まったずっしり感は感じます。

ACプラグは折り畳みが可能です。プラグ周りの幅は標準的なサイズなので、コンセントに接続した際に周囲のポートに干渉する心配はなさそうです。

USB Type-Cコネクタには、Anker独自のPowerIQ3のロゴがプリントされています。USB PD機器に充電する場合の方が多いので、PowerIQの出番は少ないかも。USB PDの出力としては、5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=3.25Aと、4種類の電圧に対応しています。加えてPPSに対応し、高度な充電制御が可能です。

大きさは、WF-1000XM3のケースよりも一回り小さいサイズです。持ち運びには十分小さいサイズと言えます。モバイルでの利用が捗りそう。

合わせて購入したケーブルは、最新のPowerLine IIIシリーズです。折り曲げの耐久性が上がりつつも、ケーブルは若干細くなっているとのこと。60W出力に対応していて、PowerPort III 65W Podの性能をフルに発揮できます。

USB Type-Cコネクタで充電する機器が増えてきて、高出力のUSB PD対応ACアダプタを一つ持ち歩けば、あらゆる機器に充電できる日も近そうです。早くmicroB端子の機器がなくなって、USB Type-Cに統一されるといいですね。もっとも、サイクルコンピュータは最後までmicroB端子が残りそうです。当面はケーブルや変換コネクタを駆使して充電生活を乗り切っていこうと思います。

Anker / PowerPort III 65W Pod

Anker / PowerPort III 65W Pod

2,990円(08/02 15:33時点)
Amazonの情報を掲載しています
Anker / PowerLine III USB-C & USB-C 2.0 ケーブル

Anker / PowerLine III USB-C & USB-C 2.0 ケーブル

999円(08/02 15:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です