Nintendo Switch

LIVE A LIVE HD-2D リメイク

未プレイのゲームがたまっているので、新しいゲームを買うまいとおもっていたところ、ついつい購入してしまいました。

ライブアライブ | SQUARE ENIX

SQUREが1994年にリリースしたオムニバスRPG「LIVE A LIVE」のHD-2Dリメイクです。リリース後の評判を聞いていると忠実なリメイクとのこと。オリジナル版をやりこんだ私としては、忠実なリメイクなら手を出さなくてもいいかなぁ、と考えていたところ、GO!GO!ブリキ大王を影山ヒロノブさんが歌うということを知ってしまいました。

BGMはオリジナルの方に思い入れがあるなー、と感じていたのですが、これは反則です。聞いてしまったら、もうこれしかない、これがオリジナルだったと記憶改変が起きるレベルのぴったり感。

というわけで、リスペクトも込めて購入してしまったわけです。

ゲームの方は忠実なリメイクという評判通りの仕上がりで、かつてプレイした記憶と今風の美麗なグラフィックがあいまって、思い出深いプレイ体験です。

リメイクは、ある種予定調和的で安心ですが、ハマりすぎると新しい体験に目が向かなくなるので、ほどほどにしておきたい。

最近ゲームから遠ざかっていたので、体慣らしにはちょうどよいんですけどね。

8人の主人公からなるオムニバス形式のシナリオ、キャラクターデザインも舞台設定もまちまちで、まるで別のゲームのように楽しめます。一つ一つの主人公シナリオが手頃なボリュームなのも嬉しいです。大作のゲームをプレイするだけの時間がなかなかとれないですからねー。Nintendo Switchのポータブル形態を活用してこまめにプレイしたいのですが、やはり大画面TVでの体験が素晴らしいのでポータブルだともったいない気がしてしまうのです。

功夫編では、拳法の名前を決められるギミックが健在でした。リメイクされてボイス付きになっていますが、セリフの方も工夫されているのが心憎い。当時は漢字が表示できるだけで驚いていたものですが、声までつくとなると隔世の感がありますね。

HD-2Dで描かれるLIVE A LIVEの世界は、奥行き感があってオリジナルよりも世界の広さが感じられます。少しずつでもプレイしていけるといいなぁ。

HD-2Dリメイク版のサウンドトラックも発売されているので、さっそく押さえました。ただ、オープニングテーマは、私はオリジナルの方が好きですね。

せっかくなので、オリジナルのスクリーンショットを拾い出してきました。

いやー、懐かしい。

HD-2Dの描画をまじまじと見るのは初めてでしたが、予想以上にいいですね。ファミコン世代の琴線に触れる何かを感じられます。他のHD-2Dタイトルにも手を出してみようかな。それ以前に、未プレイの作品をプレイするところからですけど。

LIVE A LIVE - Nintendo Switch

LIVE A LIVE – Nintendo Switch

4,399円(08/19 07:32時点)
Amazonの情報を掲載しています
LIVE A LIVE HD-2D Remake Original Soundtrack

LIVE A LIVE HD-2D Remake Original Soundtrack

下村陽子
Amazonの情報を掲載しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。