Audio

マグネット式オーディオプラグ採用 MMCX リケーブル「FiiO LF-RB」

面白そうなケーブルが発売されていたので、久しぶりにイヤホンリケーブルを購入しました。

FiiO / LF-RB

FiiOのマグネット式オーディオプラグ採用イヤホンケーブルです。手持ちのオーディオ機器は3.5mmシングルエンド、4.4mmバランス、2.5mmバランスと3種類のコネクタが混在していてケーブルの使い分けが面倒に感じていました。

FiiOはオーディオ機器側のプラグを交換可能なケーブルをラインナップしていて、以前から興味を持っていました。今回、オーディオプラグの交換が簡単に行えるという触れ込みのマグネット式オーディオプラグ採用イヤホンケーブルがリリースされたので、思い切って購入したというわけです。

LF-RBイヤホン側コネクタは、角度のついたMMCXコネクタです。赤いマークは右側のコネクタだということを示しています。

左側は青いマークです。シンプルな彩色もいいものですが、こうやって左右がわかりやすいのも嬉しい。イヤホンは特に左右がわかりづらいことがありますから。

ケーブルは高純度銀メッキ単結晶銅による芯線を採用し、リッツ編組による高性能かつ柔軟な構造です。

ケーブル被覆はクリアTPUです。無酸素銅のシールド線が透けて見え、所有感をくすぐる高い質感を実現しています。

オーディオ機器側のプラグは、ワンタッチで交換可能なマグネット式オーディオプラグを採用しています。

ケーブル側とプラグ側が磁力で接合されそれぞれの接点が接触することで、オーディオ信号が伝達されます。

接点は5つ、バランス接続の場合は接点4つで十分なはずですが、あと1つは何でしょうね。結合方向を制限するために突起が備わっており、ケーブル側のくぼみに合わせて方向決めする必要があります。

オーディオ機器側のプラグは、3.5mmシングルエンド、4.4mmバランス、2.5mmバランスの3種類が用意されています。ワンタッチで取り替えられるのは、やっぱり便利。

さっそく使ってみました。手持ちのイヤホンでMMCX対応なものはXBA-N3のみ。純正のバランスケーブルと聴き比べてみましたが、ほとんど違いはわかりませんでした。純正のバランスケーブルと遜色ない音質だと感じます。音質以外では、LF-RBの方がケーブルのタッチノイズが少なく、快適に使えました。オーディオ機器に合わせてプラグをワンタッチで交換できることと合わせると、高品質で使い勝手のよいケーブルだと思います。いろいろなオーディオ機器につなぎかえて使う際は、このケーブルを活用することにします。

ただし、XBA-N3はストレートで利用する前提の作りで、角度のついたMMCXコネクタを使ってケーブルを耳にかける、いわゆるシュアー掛けをすると装着感が今ひとつです。こうなってくると、シュアー掛けに適したイヤホンが欲しくなってきますね。

FiiO / LF-RB

FiiO / LF-RB

9,420円(09/29 23:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。