自転車の機材

小型軽量の電動携帯ポンプ CYCPLUS AS2 Pro

ツールボトルの中身を見直す一環で、電動携帯ポンプを購入しました。

CYCPLUS / AS2 Pro

以前から電動ポンプをリリースしていたCYCPLUSの製品です。改良されて、空気の充填力が向上し、ディスプレイがついて空気圧が確認でき、指定空気圧で停止するようになりました。延長ホースが付属して使い勝手も十分、お値段も手が届くようになったので思い切って購入しました。

ブチルチューブを使っていたときは、ツールボトルにはCO2ボンベと手動の携帯ポンプを入れていました。チューブレスになって低圧運用になったこと、シーラントが入るようになったことで、CO2ボンベに見直しの余地があるかなー、と思っていたところでした。電動携帯ポンプならシーラントへの影響も少ないですし、同じスペースでより多くの充填が可能です。モバイルバッテリーや充電器で充電して使用回数を増やせますし。

そういうわけで電動携帯ポンプを探していたところ、携帯ポンプの目利きとレビューに定評があるばるさんのレビューを拝見してよさそうだったこともあり、CYCPLUSのAS2 Proを選びました。

同梱物は、本体、充電用のUSB-A to USB-Cケーブル、それに延長ホースと口金類です。仏式、米式に加えてボール用のノズルも付属しています。予備のOリングが付属するのも嬉しい点です。単品で探すと割と面倒なので。

本体はシリコンカバーが装着された状態で梱包されています。電動ポンプは動作中に高温になるため、やけど防止のシリコンカバーが必須。CO2ボンベは冷たくなるのでウレタンカバーが必須だったことを思い出しました。

側面にはディスプレイとボタンが3つ備わっています。ボタンはディスプレイに近い方から電源、プラスボタン、マイナスボタンです。電源ボタンは長押しで電源操作が可能。プラスとマイナスのボタンで指定空気圧を設定して、電源ボタンを押すと充填開始です。指定空気圧で充填が停止するのが大変便利。

ツールボトルに空気圧計を入れるスペースは確保しづらいので、出先では何となくの空気圧調整になりがち。AS2 Proがあればそれなりに正確な空気圧調整が可能というわけです。

充電端子はUSB Type-Cです。空気充填の際の吸気口を兼ねているので、塞がないように注意。

動作音はそれなりにします。屋外で利用するなら「ちょっと気が引ける」レベルの騒音です。静かな室内では躊躇する程度にはうるさいので、どこか屋外で練習しておこうと思います。

ツールボトルの中身を見直すのは久々で、いろいろな新製品が出ていて楽しいですね。チューブレスタイヤは低圧運用が可能で、空気圧によって乗り味を調整する幅が広いので、AS2 Proがあると出先でも空気圧調整をしようという気になります。飛行機輪行で空気圧を下げた際の入れ直しも苦にならないはず。トラブルでの出番はないのが一番ですが、通常時でもいろいろ活用しようと思います。

CYCPLUS / AS2 Pro

CYCPLUS / AS2 Pro

19,999円(06/21 19:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください