ブレーキをかけると明るく光るリアライト「CAT EYE RAPID X2 KINETIC」購入

CAT EYE RAPID X2 KINETIC

新しいリアライトを購入しました。CAT EYE / RAPID X2 KINETICです。

リアライトはシートポストに取り付けるのが一般的ですが、私の装備だとシートポストにはORTLIEBのサドルバッグとGarmin Varia Rearview Radarが占領しているので、取り付ける場所がありません。そこで、シートステーに取り付けられるリアライトを探したところ、加速度センサー内蔵のCAT EYE / RAPID X2 KINETICに行き着いたわけです。

CAT EYE RAPID X2 KINETIC

内容物です。シンプルですね。本体と、取り付け用のゴムバンド、それに充電用のUSBケーブルです。RAPIDシリーズのボディは、どれも似たようなものですが、こいつには加速度センサーが内蔵されていて、ブレーキをかけると一定時間明るく発光するモードに切り替わります。

CAT EYE RAPID X2 KINETIC

点灯だと3時間しか電池がもたないので、ナイトライド時にはこちらは点滅で運用して、別途点灯用のリアライトを調達する方がよいかもしれません。いつかナイトライドをしてみたいと考えているので、今から点灯でも持続時間の長いリアライトを探してみようと思います。それまでは、点滅で昼間のみ運用することにしましょう。

ロードバイクに限らず、自転車全般は軽車両の分類になっていて、通常は車道を走ることになります。そうなると、後方からの自動車が危なく感じられ...
スポンサーリンク

フォローする