RPG W(・∀・)RLD(14)

RPG W(・∀・)RLD14 ‐ろーぷれ・わーるど‐ (富士見ファンタジア文庫)

今月の富士見ファンタジア文庫最新巻のひとつ、ろーぷれ・わーるど14巻を購入しました。

ろーぷれ・わーるどは、ひょんなことからゲームの世界に入ってしまった主人公と相棒が、世界を救うために活躍するという、ある種王道の筋書きです。しかも強くてニューゲーム的状態というわけで、さしずめ最近の作品で言うとソードアート・オンラインのフェアリーダンス編といったところです。

ゲームの世界に入ってしまう、というモチーフは古くからあるものですが、力を合わせてがんばるぞ、というRPGらしい見せ方と、単なる勧善懲悪でない、正義と正義の衝突を描いたところが魅力的でした。

最終巻と言うことで、やや説明的な描写も多かったですが、一通り伏線を回収してきれいに完結しています。こうやって一区切りつくのは寂しいですが、完結してこその物語だと思ってますので、うれしいです。

次回作にも期待したいところですね。

スポンサーリンク

フォローする