Compact

サイバーショット新製品発表

CP+を前にしてか、ソニーから新しいサイバーショットが発表されました。

画質や動画撮影時の手ブレ補正を向上 デジタルスチルカメラ サイバーショット(TM)計5機種 | プレスリリース | ソニー

全体的には、新しい画像処理エンジンBIONZ-X搭載が目をひきます。

私が気になっているのは、高倍率ズームモデルのDSC-HX60Vですね。

ソニー、光学30倍ズームの「サイバーショットDSC-HX60V」 – デジカメ Watch

20140212a

Wi-Fi機能がNFCに対応したこと、動画記録時の手ブレ補正が強化されたこと、AVCHDでフルHD 24pの記録に対応したことが主な違いです。前のモデルDSC-HX50Vからは、小幅の改良といったところですね。

1/2.3型のセンサーだと、画質面で不満を覚えるシーンもあるものの、この大きさで換算720mm相当の望遠は魅力的です。今使っているのは、2世代前のDSC-HX30Vで、買い替えるべきか、違う路線に切り替えるべきか迷っている最中です。DSC-HX50Vは見送ったこと、現状の稼働率を考慮すると、買わない方が幸せかも。

新製品発表のあおりを受けて、DSC-HX50Vがお安くなっていたら、考えてみるとしましょう。Xバッテリーになると、DSC-RX100とバッテリーが共通になって便利ですし。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です