DSLR

超高感度対応のフルサイズミラーレス「α7S II」海外発表

ソニーから発売されている、超高感度対応のフルサイズミラーレス「α7S」の二代目が、海外で発表されました。

センサーはそのまま、5軸手ブレ補正と4K動画の本体記録を組み込み、EVFやAFも強化されています。気になるお値段は3000ドルと、α7R IIに迫る勢いです。

α7Sの超高感度は気になる存在だったので、二代目が出て外観が変われば買いたいと思っていたのですが、3000ドルだとすぐには手が出ないですね。値段がこなれるであろうα7S初代を狙うとしても、4K動画の本体記録はともかく5軸手ブレ補正は魅力的。α7R IIと操作系が異なるのも困りものです。

センサーが強化されて、お値段も手が届くα7無印の三代目を狙いつつ、α7Sについても値段がこなれた三代目を待つのが吉ですかね。しかし、私の購入するソニーのカメラは、初代で突撃して二代目をうらやましいと思いつつ指をくわえてあきらめ、三代目を購入する、というパターンが多いですね。ソニーももう少し初代の完成度を高めてくれるといいのですが。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です