ジャイアントの2018年モデルが登場

ロードバイクのモデルチェンジは年一回、だいたい夏から秋にかけて発表・発売されていきます。私のロードバイク「TCR ADVANCED 2」のメーカー「ジャイアント」もその例に漏れず、先日2018年モデルが発表されました。

GIANTの製品情報を2018年モデルに更新いたしました – INFORMATION

2018 Giant Bicycle [DEFY ADVANCED PRO 0]


DEFY ADVANCED PRO 0

今回の目玉は、ロードバイクでしたら新アルテグラの採用ですね。あとはチューブレスタイヤのラインナップが一新されたのも気になります。TCR ADVANCED 2に不満はありませんが、新アルテグラのR8000シリーズ、特にDi2が気になっています。とはいえ、コンポーネントの載せ替えは大仕事ですし、機械式のコンポーネントとして105 5800の完成度は高く、信頼度も抜群です。

いろいろ考えると、性格の違うフレームで新アルテグラ Di2な完成車を追加購入する、という危険な選択肢が浮上してきます。フレームから変えるなら、エンデュランス系でディスクブレーキなフレームを選びますね。ジャイアントなら、デファイになります。DEFY ADVANCED PRO 0なら、カーボンフレームに専用のフルカーボンホイールとディスクブレーキ、そしてDi2な新アルテグラを搭載して高い完成度でまとまっています。お値段も50万円とすごいことになっていますが、フレームとコンポーネント、ホイールの値段を足したらそれくらいなので、かなりのお買い得です。

置き場所の問題や、そもそも乗る人間は一人なので2台あっても稼働率が上がらないなど、いろいろと困難はありますが、あれこれ妄想しているうちが楽しいので、もう少し悩んでみようと思います。ジャイアントストアで試乗する機会があればいいんですけどね。もっとも、そのうち2018年モデルも在庫が払底して、あきらめもつくでしょう。

ついに買ってしまいました。GIANTのTCR ADVANCED 2、いわゆるロードバイクというやつです。 スポーツタイプの自転車は、以...
スポンサーリンク

フォローする