Audio

FiiO FD3

マグネット式オーディオプラグを採用したMMCXリケーブルLF-RB用に、イヤホンを購入しました。

FiiO / FD3

ケーブルと同じくFiiOから、ダイナミックドライバー採用のFD3です。

いつもはソニー製品から選ぶところですが、いわゆるシュアー掛けができるイヤホンとなるとXBA-Z5またはIERシリーズになります。XBA-Z5は7万円超とシュアー掛けを試すために気軽に出せる金額ではなくなってきますし、IERシリーズはモニター系の製品で音を楽しむという目的からは少々ずれてしまいます。

ならばケーブルと同じくFiiO製品から選ぼうじゃないか、となったわけです。FiiOのイヤホンは、ダイナミックドライバー搭載のFDシリーズ、バランスドアーマチュア搭載のFAシリーズ、それに両方のドライバーを搭載したハイブリッドなFHシリーズ、それにイントラコンカ型の4ラインがラインナップされています。

今回はお試しということで、最近リリースされた製品の中から手頃な価格のFD3を選びました。FD3は、上位機種FD5譲りのDLC振動板を採用した12mm大口径ダイナミックドライバーを1基搭載し、1.5テスラの磁束密度によるパワフルさと、DLC振動板による低歪み、高過渡特性を獲得したイヤホンです。

バリエーションモデルとして、2.5/3.5/4.4mmが付け替え可能な銀メッキ編み込みケーブルが付属するFD3 Proもあります。今回はケーブルにLF-RBを使うため、ノーマルモデルを選択。高級感と透明感が溢れるルックスが目を惹きます。フェイスプレートに2.5Dフィルムコーティングガラスで覆われたセルロイドパネルを採用しているとのこと。

大口径ダイナミックドライバーの動きを円滑にするため、キャビネットがセミオープン構造になっています。赤枠内の細かい穴からキャビネット内の圧力を効果的に排出することで、自然な音が実現できるとのこと。

ドライバーの音を耳に伝える音道管は、交換可能になっています。内径の異なる2種類の音道管が付属し、交換することで環境や好みに合わせた音作りが可能。

LF-RBと組み合わせてみました。シュアー掛けするとXBA-N3よりも装着感がしっくりきます。音の方は低音から高音までキレイに鳴らしてくれる印象です。XBA-N3よりもキラキラした煌びやかな音でメリハリを感じます。聴いていて元気になる、まさに音を楽しむイヤホンだと思います。

音道管は標準で取り付けられている内径の小さい方ですが、内径の大きい方では高域のディテール再現を重視したサウンドになるとのこと。イヤーピースもいろいろな種類が付属するので、好みに合わせて取り替える楽しみ方もできそうです。LF-RBでシュアー掛けするためにお試しで買ってみたイヤホンでしたが、手持ちのイヤホンラインナップに加えて、これからも気分に合わせて使い分けていこうと思います。

FiiO / FD3

FiiO / FD3

16,500円(09/24 22:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。