Camera Accessory

DSC-RX100M3の純正アタッチメントグリップ

RX100M3に、純正のアタッチメントグリップを取り付けました。

SONY / AG-R2

初代RX100のときに、買おうかどうか迷っていました。結局買わずにRX100M3に買い替えてしまったものの、RX100シリーズのフラットですべすべした質感のボディはホールドしづらく、グリップがあった方がいいなと常々感じていました。

RX100M3では、レンズ部分の出っ張りが長くなったので、グリップを付けてもさほど気にならないだろう、ということで購入に踏み切りました。

AG-R2

シナバーの差し色が入った外箱です。ソニーのカメラやカメラアクセサリーでは、シナバーを差し色にするように、デザインガイドラインか何かで決まっているのでしょう。統一感があっていい感じのパッケージです。

AG-R2

さっそく取り付けてみました。最初からこのデザインだったかのようです。質感の統一性を考慮すると、金属製のグリップがよいのでしょうが、革風の質感がアクセントになってこれはこれでいい感じ。ボディがブラックなので、レトロ臭さもなくて気に入りました。昔のカメラを持っていたわけではないので、レトロ風デザインにはあまりぐっとこないんですよね。

AG-R2

エラストマー素材で滑りにくく、形状も指がかかりやすいようによく考えられています。がんがん使ってたくさん撮影したいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です