Sony FE 24-105mm F4 G OSS

【青森】初めての青森旅行【DAY 1】【十和田湖〜奥入瀬】

はじめに

すでに昨年の話になってしまいましたが、人生で初めて青森に行ってきました。津軽海峡冬景色にも登場する龍飛岬や、本州最北端となる大間崎、十和田湖や奥入瀬といった観光名所や、津軽のリンゴや大間のマグロなどグルメなど、みどころや楽しみいっぱいの青森を満喫できました。

これから何回かに分けて、旅行記をエントリーしていきたいと思います。

青森までのフライト

青森までの交通手段はいくつもありますが、便利なところだと飛行機か新幹線になります。新幹線なら北海道新幹線が開通したため、東京からなら3時間30分弱で青森に行くことができるようになって、かなり近くなったとか。

とはいえ関西方面からだと時間も費用もかかります。飛行機なら関西方面から2時間弱で青森に到着する上、割安な航空券を使えば費用も抑えられます。いろいろ検討して、今回は飛行機を使うことにしました。

空港に到着したら、まずは預け入れ荷物を預けて身軽になります。お客さん、多いですね。みんなどこに行くのかな。

身軽になったら、空港内のお店でお昼ご飯をいただきました。NICK STOCKのチーズバーガーです。

チーズにビーフパティがどーん。

フォークとナイフがついてますが、かぶりついていただきました。美味。

お腹を満たしたら、搭乗までしばし時間をつぶしながら案内を待ちます。搭乗は徒歩でした。空港の開放感を感じられていいですね。プロペラ機が初めてなので、テンションが上がります。

今回はいろいろあって自転車は持って行けませんでしたが、プロペラ機だと荷室の容量が厳しいので、持ってこられなくて正解だったかも。

プロペラ機はジェット機よりも低高度を飛行するので、地上がよく見えます。

普段は見られない景色が見られてうれしい。

こんな谷筋にも人が住んでいるんですね。

冠雪した山々が険しくも美しく雄大です。

機内Wi-Fiサービスのページで飛行ルートがなかったので、どこを飛んできたのか分からないのが残念です。

そうこうしているうちに、青森空港が近づいてきました。ランディングギアを出して着陸態勢。

無事に青森空港に到着しました。ずいぶんと北のほうまで来ましたが、寒さはそれほど感じないですね。

レンタカーで十和田湖へ

今回も現地の移動手段としてレンタカーを手配しました。カウンターで手続きして、いざ出発です。

車種はヴィッツでした。青森空港から虹の湖を経由して十和田湖を目指します。

途中、道の駅で休憩です。

紅葉がまさに始まりつつあるタイミングでした。赤色が目に鮮やかです。

こちらは十和田湖付近の紅葉です。黄色がまぶしいくらいですね。よい時期に来られたのかも。

十和田湖

国道102号線を抜けて、十和田湖の入り口にある滝ノ沢展望台に到着しました。特別名勝、天然記念物の石碑に期待が膨らみます。どんな景色が見られるのかな。

美しい湖と開放感溢れる大パノラマ、絶景です。

十和田湖は、約20万年前に始まった火山活動により形成されたカルデラ湖です。もっとも水深が深いところで327mと、日本で第3位の深さとか。

十和田湖まわりの一周がだいたい50kmくらいあります。

けっこうな距離になるので、半周したところで日が暮れてきました。

ちょうど雰囲気のよさそうなカフェがあったので、休憩することにしました。

アップルパイとコーヒーのセットです。

青森のリンゴを使っているんでしょうか。酸味があって歯触りもよく、美味しくいただきました。

木のぬくもりが感じられる店内でした。時間に余裕があったらゆっくりしたかったのですが、秋の日は早いのでほどほどにします。

完全に日没をむかえました。

奥入瀬

十和田湖をほぼ一周したら、奥入瀬を抜けて青森市街を目指します。奥入瀬は、十和田湖から流れ出て、岩や樹林をかき分け、滝や清流を成しながら、焼山まで約14km続く渓流です。特別名勝、天然記念物として国の指定を受け保護されており、滝や清流、岩など、たくさんの見所があります。

この時期の奥入瀬は、社会実験としてマイカー規制が行われていました。遅い時間ですでに規制解除されていたので、渓流の横をレンタカーで通ることができました。

迫力ある滝ですね。こんな滝がいくつもあって、見だしたらきりがありません。

苔むした木と渓流の流れ、これもまた絶景ですね。

しばらくすると空も暗くなり、地上も真っ暗。山間部で街灯がないため、ヘッドライトを頼りに暗闇の中をドライブすることになりました。車も少なくて気楽なような、怖いような、そんなドライブでした。

無事に青森市街に到着、ホテルにチェックインしました。

手打ちうどん 花いちもんめ

晩ご飯は、手打ちうどんのお店「花いちもんめ」でいただきました。

住宅街の中にぽつんとあるお店です。

メニューはうどんと海鮮が中心です。しゃれたデザートやエスプレッソも用意されています。

メニューです。これだけ豊富だと迷ってしまいますね。

その日おすすめの黒板メニューもあります。寿司盛りなんか気になりますよね。

店内は家庭的でおちついた雰囲気でした。

青森の地鶏「シャモロック」を使ったうどんを注文しました。

ぐらぐらと鍋が煮えています。こちらにうどんをいれて煮込んだり、つけ汁としてうどんをくぐらせたりしていただきます。濃いめの出汁にうどんがぴったり。

勢いにまかせてお寿司の三種盛りも注文してしまいました。どれも美味しい。海が近いおかげでしょうか。明日以降の青森も楽しみです。

ホテルに戻って明日の準備をしてベッドにイン。フライトでほとんど運動していませんが、運転に疲れたのかすんなりと眠りにつくことができました。明日は津軽半島をまわります。

参考

関連ランキング:うどん | 筒井駅

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です